恋のグンギンナイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
恋のグンギンナイト
近田春夫&ハルヲフォンシングル
リリース
録音 1979年
ジャンル ロック
レーベル キングレコード
プロデュース 近田春夫
チャート最高順位
近田春夫&ハルヲフォン シングル 年表
きりきりまい
1978年
恋のグンギンナイト
1979年
テンプレートを表示

恋のグンギンナイト』は、1979年(昭和54年)にリリースされる予定であった日本のロックバンド近田春夫&ハルヲフォンのラストシングルである。未発売に終わった。

概要[編集]

本シングル表題曲『恋のグンギンナイト』は、当時、近田春夫がレギュラー出演していた『近田春夫のオールナイトニッポン』(火曜2部: 1977年10月 - 1979年3月、金曜1部: 1979年4月 - 同年9月[1])の放送中で、ハルヲフォンのメンバーの高木英一とともに、何度も執拗に歌っていた曲である。同番組中に、「売れ線」を思い切り狙った楽曲である、これをシングル発売する、と近田はアナウンスしていたが、実現には至らなかった。本シングルが発売されていれば、ラストシングルとなったわけだが、事実上、『きりきりまい』(1978年)が最後のシングルとなった[2]

おなじくハルヲフォンのメンバー・恒田義見の回想によれば、同曲は、メンバーがビリヤードをしながら愛唱した楽曲であり、近田の作詞作曲した楽曲というよりも、同世代の深層心理の幻影がかたちになったものだという[3]。同曲のエッセンスには、守屋浩のヒット曲『夜空の笛』(作詞・作曲浜口庫之助日本コロムビア1962年/昭和37年)と、『エチオピア国歌』として当時の日本に流布されていた俗謡があった[3]。この通称『通称・エチオピア国歌』は当時あるいはかつてのエチオピア国歌と定めていた楽曲とも、もちろん現在の同国が1992年(平成4年)に国歌と定めた『親愛なる聖エチオピア』ともまったく無関係で、唐沢俊一によれば、日本の大正期の芸術運動「MAVO」が『通称・エチオピア国歌』の成立に関与しているのではないか、という説があるという[4]

具体的な歌詞に関しては、守屋の『夜空の笛』の歌詞と、『通称・エチオピア国歌』の歌詞を参照。また「グンギン」の由来は、当時、ハルヲフォン内では少なくとも、流行っていた言い回しのようである[3]。この楽曲は、現在もなお音源化されてはいない。

収録曲[編集]

  1. 恋のグンギンナイト
  2. (未定)
    • 作詞・作曲・編曲(未定)

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ オールナイトニッポンのパーソナリティ一覧」の項の記述を参照。
  2. ^ きりきりまい」の項の記述を参照。
  3. ^ a b c 恒田義見の公式ブログ「ROCK'N ROLL MY WAY」内の「ハルヲフォン誕生 Archived 2009年3月3日, at the Wayback Machine.」(2008年12月14日付)の記述を参照。
  4. ^ テレビ番組『探偵!ナイトスクープ』(朝日放送)の2004年9月17日放送分での唐沢俊一の発言から。

外部リンク[編集]