恋に落ちる確率

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
恋に落ちる確率
Reconstruction
監督 クリストファー・ボー英語版
脚本 クリストファー・ボー
モーゲンス・ルーコフ
製作 タイン・グル―・ファイファー
製作総指揮 ハミール・ハメリッヒ
出演者 ニコライ・リー・カース
マリア・ボネヴィー
音楽 トーマス・ナック
撮影 マヌエル・アルベルト・クラロ
編集 ミッケル・E・G・ニルソン
ピーター・ブラント
配給 日本の旗 アーティストフィルム
ビターズ・エンド
公開 デンマークの旗 2003年9月26日
日本の旗 2004年12月11日
上映時間 91分
製作国  デンマーク
言語 デンマーク語
スウェーデン語
テンプレートを表示

恋に落ちる確率』(こいにおちるかくりつ、原題: Reconstruction)は、クリストファー・ボー英語版監督による2003年のデンマークの映画である。恋人がいながら違う女性のあとを追いかけた男が、不思議な「再構築」の世界へと迷い込むさまを描く。第56回カンヌ国際映画祭では、ボーがカメラ・ドール(旧・新人監督賞)を受賞した[1]

ストーリー[編集]

写真家であるアレックスは恋人のシモーネとのデート中に、突然「用事がある」と言って彼女を置いて去り、アイメという美しい人妻を追いかけていく。アイメとの夢のような一夜を過ごしたアレックスが自分のアパートに戻ると、部屋が忽然と姿を消している。近くの部屋の住人はアレックスと会ったこともないと言い、助けを求めて訪ねた親友の家でも、不審者のような扱いを受ける。路上で遭遇したシモーネさえ、アレックスのことを知らないと言い始める。アレックスはやがて、自分の人生を構成する要素が、アイメという“運命の女”と出会ったがために再構成(Reconstruction)されていることを理解する。彼は自分に残されたのがアイメとの関係だけだと思い、彼女と約束したレストランへと向かう。

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Mitchell, Elvis (2003年5月26日). “CANNES FILM FESTIVAL; Van Sant's 'Elephant' Receives Palme d'Or”. The New York Times. 2019年9月7日閲覧。

外部リンク[編集]