恋するふたり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大瀧詠一 > 大瀧詠一の作品一覧 > 恋するふたり
恋するふたり
大滝詠一シングル
初出アルバム『Best Always
B面 恋するふたり (STRINGS VERSION)
リリース
規格 12cmCDシングル
録音 SONY MUSIC STUDIOS Tokyo
ジャンル ポップス
ロック
時間
レーベル NIAGARASony Music Records
作詞・作曲 多幸福 / 大瀧詠一
プロデュース 大瀧詠一
チャート最高順位
大滝詠一 シングル 年表
幸せな結末
1997年
恋するふたり
2003年
幸せな結末 / 恋するふたり
2007年
ナイアガラ・レーベル 年表
幸せな結末 / 大滝詠一
(1997年)
恋するふたり / 大滝詠一
(2003年)
幸せな結末 / 恋するふたり / 大滝詠一
(2007年)
Best Always DISC 2 収録曲
Happy Endで始めよう
(15)
恋するふたり
(16)
恋のひとこと 〜SOMETHING STUPID〜
(17)
EANコード
ASIN B00008YLSA
JAN 4988009014593
テンプレートを表示

恋するふたり」(こいするふたり)は、2003年5月21日に発売された大滝詠一通算15作目のシングル

解説[編集]

フジテレビ系ドラマ『東京ラブ・シネマ』の主題歌として制作された。前曲『幸せな結末』以来約6年ぶりの新曲。ワーキング・タイトルは松田聖子への提供曲「風立ちぬ」の春版として、「春立ちぬ」と名づけられていた。

ブルー・レーベル、『A LONG VACATION』と「幸せな結末」の広告カード入り。CD EXTRA仕様として音楽トラックのほかにパソコン用のプログラム「ナイアガラフォト」を収録(音声未収録)。

本作リリース時、大滝は「1990年代に作ったのは2曲(「幸せな結末」と「Happy Endで始めよう」)、2000年代は1曲(「恋するふたり」)だから、2010年代は0曲だろう」と語っていたが、2013年12月に死去したことで現実となり、彼にとって最後の作品となった(他ミュージシャンへの参加曲を含めると、2003年10月29日にリリースされた竹内まりやのアルバム『Longtime Favorites』収録の「恋のひとこと (SOMETHING STUPID)」が最後)。

収録曲[編集]

  1. 恋するふたり  – (4:26)  OT-17
    フジテレビドラマ東京ラブ・シネマ」主題歌
  2. 恋するふたり (STRINGS VERSION)  – (4:37)  TB-15
    作詞:多幸福、作曲:大瀧詠一、編曲:井上鑑

クレジット[編集]

リリース日一覧[編集]

地域 タイトル リリース日 レーベル 規格 カタログ番号 備考
日本 恋するふたり / 恋するふたり (STRINGS VERSION) 2007年9月21日 (2007-09-21) NIAGARASony Records CD SRCL 5555 CD EXTRA仕様。

外部リンク[編集]

SonyMusic