怪・力・乱・神 クワン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

怪・力・乱・神 クワン』(かい・りき・らん・しん クワン)は、志水アキによる日本漫画作品。『コミックフラッパー』(メディアファクトリー刊)にて2002年10月号から2008年3月号まで連載された。単行本は全7巻。

あらすじ[編集]

後漢末期が舞台。薬売りの智恵は山中でクワンと出会う。クワンは人間の飯は食わず妖怪しか食べない不思議な生物だった。クワンは物語の中で自分の意味を自覚していき、智恵もまた歴史の流れに巻き込まれていく。

登場人物[編集]

クワン(鰥)
少年の姿をしているが、人間ではなく妖怪でもない、自分でも自分が何者なのか理解していない。自分の役目を知るために太平清領書を探す。
帝江(ていこう)
不思議生物。
智恵(ちけい)
薬売りとして旅をしながら商売をしていたのだが。クワンと出会ってからクワンを利用して商売を始める。
ダキ(蛇姫)
少女の姿をしているが人間でもなく妖怪でもない。近くにいる者に力を与える能力を持っており、今では虫の妖怪を部下のように付き従えている。
著我(しゃが)
不思議な術を使う遊女。クワンの出生を知っている様子。
于吉(うきつ)
仙人。クワンの名付け親であり太平清領書の作者。
阿瞞(あまん)
宮中に侵入するのを助けてくれた少年。後の曹操

書籍情報[編集]

外部リンク[編集]