急行千歳線 (北海道中央バス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

急行千歳線(きゅうこうちとせせん)は、北海道中央バスが運行する急行バス路線。国道36号経由で札幌市から北広島市恵庭市を経て千歳市まで運行される。本項では路線免許上で関連のある新千歳空港連絡バス道央自動車道経由で運行された高速ちとせ号についても記述する。

概要[編集]

路線開設の経緯[編集]

北海道中央バス/ジェイ・アール北海道バスの、北広島市・恵庭市周辺の郊外路線概念図(2010年4月現在)

北海道中央バスは第二次世界大戦が終わってから、本格的に路線網の拡大に動き出した。札旭線や急行札樽線とほぼ同時期に札幌 - 千歳間に国道経由で路線バスを運行しようと1946年(昭和21年)4月、運輸局に免許を請願した。しかし、同時期に国鉄バス札幌 - 北広島 - 恵庭間のバス路線を請願しており、競合してしまった。国鉄バス側は札幌 - 恵庭間で見ると鉄道路線と競合している(国鉄千歳線、広島村(現・北広島市)内での経由地がバス路線とは異なっている)ことを理由に中央バス側の請願を取り下げさせようとしていた。当時の専務の判断によって同時期に請願していた長沼線(札幌 - 北広島 - 長沼[注 1]、農産地である長沼までの買い出し客が期待できたという)の免許請願を取り下げることによってようやく1947年4月、千歳線を運行するのに必要な免許(北5東1 - 豊平駅前、二里塚 - 千歳間)が下りた。1945年(昭和20年)2月に江別 - 当別間の免許を取って以来の免許獲得となった。[1]

路線開設後[編集]

千歳線が運行を開始した当初は国道はまだ舗装されておらず、砂利道であった上に交通量も多かったので道路が壊れる事態が多発し運行には苦労していた。変化が起きたのは1953年(昭和28年)にアメリカ軍の指令によって国道36号が舗装されてからである。「弾丸道路」と呼ばれることになるこの舗装によって運行が安定することになる。[2]その後、1950年代からは国鉄千歳線から乗客を奪うほどの隆盛を見せることになる。1957年2月の新聞によると、国鉄が当時運賃を12%値上げしたことによって千歳駅の定期外利用者数が1万人ほど減ったという。その代わりに30分おきに発車し、快適で運賃に差がない中央バスの千歳線に客が流れているとのことである。短距離はバス、遠距離は鉄道という棲み分けができていた。[3]

この路線を持っていることによって、日本航空がチャーターする千歳空港 - 札幌間のバスを運行することになる。チャーターでの運行から後に単独運行への足がかりとなった。(現在の新千歳空港連絡バスへとつながる)[2]

1984年(昭和59年)時点[4]で1日120往復(この当時は他に札幌ターミナル - 柏葉台団地間の区間便も1日23便運行していた。現在は別路線化[注 2])運行しており、1981年(昭和56年)から1991年(平成3年)にかけては北広島インターチェンジ - 恵庭インターチェンジ間を高速道路経由で運行する便も存在していた(高速ちとせ号)。1994年(平成6年)10月の札幌市営地下鉄豊水すすきの - 福住延伸開業から半年後、急行千歳線が運行開始する。[5]この後も若干の変更を経て札幌ターミナル - 千歳間の急行便と福住駅 - 千歳間の普通便という形態で運行され続けている。1990年代に入ってからは段々と便数が減らされているとはいえ、様々な派生路線を生み出しつつも札幌 - 千歳間を国道経由で結ぶという基本を変えずに運行開始から60年以上の長きに渡って運行され続けてきている路線である。2006年(平成18年)時点で1日約2500人の利用客がある。[6]

運行概況[編集]

2015年(平成27年)4月1日現在。

運行系統[編集]

一部停留所のみ記載。関連する系統である普通便も掲載する。

急行
札幌ターミナル - 福住駅 - 真栄 - 里塚中央 - 大曲 - 柏木 - 茂漁 - 恵庭駅通 - 第3工場団地 - 錦町十字街 - 千歳駅前
※札幌ターミナル - 真栄で速達運転を行う。
普通
福住駅 - 真栄 - 桂台団地 - 大曲 - 柏木 - 北恵庭駐屯地 - 恵庭駅通 - 第3工場団地 - 錦町十字街 - 千歳駅前
臨時便(特急)
札幌ドーム - (この間無停車) - 輪厚 - 柏木 - 茂漁 - 恵庭駅通 - 錦町十字街 - 千歳駅前
2011年4月16日新設[7]。土曜・日曜・祝日の北海道日本ハムファイターズのホームゲーム開催日のみ、試合に合わせて運行される。主要停留所のみ停車し、札幌ドーム発着でのみ利用可能[8]

運行本数[編集]

  • 国道経由便 - 往路17本、復路15本(休日14本)
  • 旧道経由便 - 復路1本
    • 上記の他、福住駅 - 千歳駅前間をほぼ同一経路で普通便が運行する。

所要時間[編集]

約1時間35分(運行時間帯により異なる)

使用車両[編集]

市内線に用いられる中扉車で運行される。大曲営業所千歳営業所管轄。

新千歳空港連絡バス[編集]

新千歳空港にて
「高速はやぶさ号」 札幌駅ターミナル付近にて

1951年(昭和26年)に千歳空港の民間使用が認められ、日本航空 (JAL)が東京国際空港との間に就航した。これに伴い、JALとの間で札幌 - 千歳空港の旅客・手荷物輸送契約を締結し、JAL便利用者専用貸切バスとして同年10月25日より運行を開始したのが始まりである。輸送契約は1964年(昭和39年)6月30日をもって解除し、翌7月1日より路線バス「日航線」として独自運行を開始した。1981年(昭和56年)3月より「(高速)はやぶさ号」の愛称を採用(2002年頃まで使用、現在は使われていない[9])、1989年(平成元年)10月には日航線の名称から貸切バス時代のようなJAL便利用者限定の誤解を受けないよう「空港連絡バス」に改称している。

1992年(平成4年)のJR新千歳空港駅開業による影響を抑えるため、かつて全日本空輸 (ANA)との提携により運行、停車停留所も異なり別の路線として運行していた北都交通と協調路線を取るようになり、段階的に両社時刻表への時刻併記や停車停留所の共通化が行われ、2002年(平成14年)より共通乗車券取扱が開始された。両社とも運行する系統の他に、中央バス単独運行系統で北都交通の乗車券が、北都交通単独運行系統で中央バスの乗車券が使用できるようになり利便性が向上している。2006年(平成18年)3月より札幌市内と千歳アウトレットモール・レラのアクセスとして南千歳駅に停車開始し、空港アクセスに限らない利用促進を図っている。一部路線は札幌第一観光バスに運行を委託する。

札幌都心直行系統は、2013年(平成25年)7月1日より新千歳空港 - (新千歳空港IC[注 3] - 北郷IC) - すすきの・札幌駅で運行を開始。同年12月1日から2014年(平成26年)3月31日までは冬期運休となった。2014年(平成26年)4月1日再開予定とされていたが、同日のダイヤ改正でも設定されなかった[11][12]2016年(平成28年)7月1日より千歳IC - 札幌北IC経由に変更の上、中島公園発着で再開設された。札幌都心系統の中島公園経由は廃止されプレミアホテルTSUBAKI・すすきの経由に統一されている[13][14][15]

北都交通が運行する新千歳空港連絡バスについては、北都交通 (北海道)#新千歳空港連絡バスを参照されたい。

札幌都心系統
麻生駅系統
  • 2006年3月1日、千歳アウトレットモール・レラ開業に伴い、「南千歳駅」停新設(大谷地経由便は通過)。
  • 2011年4月1日、起点を麻生駅から北24条駅へ延長。同時に夜間のみ設定の大谷地経由便を廃止。
宮の沢駅系統
  • 1999年4月21日開設。
  • 2006年3月1日、千歳アウトレットモール・レラ開業に伴い、「南千歳駅」停新設。
  • 2006年7月21日、北24条駅発着便新設により大幅減便(北24条駅経由便を除いて上下3往復)。「地下鉄宮の沢駅←地下鉄発寒南駅←北24条駅←新千歳空港」系統を新設。
  • 2009年12月1日、北24条駅経由便を廃止、麻生駅経由便を新設。
東区役所前駅系統
  • 2006年7月21日、「北24条駅 - 東区役所前駅 - 新千歳空港」系統として開設。
  • 2009年12月1日、大谷地経由便を新設。
  • 2011年4月1日、起点を北24条駅から東区役所前駅に短縮。
  • 2016年7月1日、起点を東区役所前駅からサッポロビール園に延伸[14][16]

高速ちとせ号(廃止)[編集]

  • 札幌ターミナル - 新千歳空港
路線沿革
  • 1986年(昭和61年)4月10日 - 高速ちとせ号を2往復新設。札幌南IC千歳IC経由で運行。札幌駅前ターミナル発、停車停留所は地下鉄大谷地駅、千歳ターミナル、錦町十字街、千代田町3丁目、千歳駅前。
  • 1986年12月1日 - 恵庭IC経由に変更。恵庭駅通を新設。
  • 1987年4月10日 - 高速ちとせ号を廃止。
  • 1991年4月20日 - 特急千歳線を廃止。高速ちとせ号を路線変更の上16往復新設。停車停留所は地下鉄大谷地駅、恵庭市役所通、恵庭駅通、恵庭公園通、自由ヶ丘団地、自衛隊前(現:北千歳駐屯地)、北栄小学校、錦町十字街、千代田町3丁目、千歳駅前、千歳ターミナル。往路は札幌ターミナル始発、復路は北1条終着。
  • 1992年4月1日 - 8往復増回。
  • 1992年7月1日 - 1往復増回。21往復を新千歳空港に乗り入れ開始。輪厚、北恵庭、漁町、エアカーゴ前、新千歳空港を新設。復路を札幌駅前に変更。時計台前と北2条西3丁目を新設。
  • 1993年4月1日 - 新千歳空港発着の2往復を千歳ターミナル発着に振り替え。サッポロファクトリー前と北1条東7丁目を新設。
  • 1995年4月1日 - 新千歳空港発着を往路17便、復路23便。千歳ターミナル発着を往路2便、復路8便に変更。
  • 1996年4月1日 - 月寒経由に経路変更。南1条、豊平橋、豊平3の8、中央通2丁目、中央通10丁目、月寒グリーンドーム北門を新設。サッポロファクトリーを廃止。
  • 1996年12月1日 - 全便新千歳空港発着に統一し、14往復に大幅減便。
  • 1997年4月1日 - 南郷13丁目駅新設、川沿大通を新設。
  • 1998年12月1日 - 高速ちとせ号全便廃止。国道経由の特急千歳線、急行千歳線に振り替え。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 札幌 - 北広島 - 長沼の区間は、のちに北海道中央バスが乗り入れを達成しているものの(札栗線)、現在は撤退している。北海道中央バス岩見沢営業所も参照。
  2. ^ 「札幌ターミナル - 柏葉台団地間」など当系統の区間便についての、現在の運行系統は北海道中央バス大曲営業所を参照。
  3. ^ 新千歳空港ICが開通する8月3日の一部便と前日までは千歳IC経由[10]

参考文献[編集]

  • 千歳市史編さん委員会編『千歳市史』(1983年)
  • 北海道中央バス四十年史編纂委員会編『北海道中央バス四十年史』(1984年)
  • 北海道中央バス五十年史編纂委員会編『北海道中央バス五十年史』(1996年)
  1. ^ 北海道中央バス五十年史編纂委員会編『北海道中央バス五十年史』1996年、北海道中央バス、P.169
  2. ^ a b 梅木通徳編著『二十五年史』1970年、北海道中央バス、P.135
  3. ^ 千歳市史編さん委員会編『千歳市史』千歳市、1983年、PP.1054 - PP.1055
  4. ^ 北海道中央バス四十年史編纂委員会編『北海道中央バス四十年史』1996年、北海道中央バス、P.443
  5. ^ 『北海道新聞』朝刊道央面、1995年3月31日、P.25
  6. ^ 『恵庭市統計書』2008年、P.84
  7. ^ [1]
  8. ^ [2]
  9. ^ JR時刻表 空港連絡バス 新千歳空港
  10. ^ 北海道中央バス (2013年8月3日), “新千歳空港連絡バス 札幌都心直行便は8/3から新千歳空港IC経由になります!!” (PDF) (プレスリリース), http://www.chuo-bus.co.jp/information/images/airport201308.pdf 2016年7月2日閲覧。 
  11. ^ “新千歳空港連絡バス札幌都心直行便 冬期間運休のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 北海道中央バス, (2013年11月21日), http://www.chuo-bus.co.jp/information/images/131121_04.pdf 2016年7月2日閲覧。 
  12. ^ 北都交通. “空港連絡バス時刻表 2014年4月1日改定版 (PDF)”. 2016年7月2日閲覧。
  13. ^ 北都交通. “空港連絡バス時刻表 2016年7月1日改定版 (PDF)”. 2016年7月2日閲覧。
  14. ^ a b “空港連絡バス「都心直行便」運行開始! 東区役所系統はサッポロビール園へ乗り入れ開始です!” (PDF) (プレスリリース), 北海道中央バス, (2016年7月1日), http://www.chuo-bus.co.jp/%E7%A9%BA%E6%B8%AF%E9%80%A3%E7%B5%A1%E3%83%90%E3%82%B9%E3%80%8C%E9%83%BD%E5%BF%83%E7%9B%B4%E8%A1%8C%E4%BE%BF%E3%80%8D%E9%81%8B%E8%A1%8C%E9%96%8B%E5%A7%8B%EF%BC%81%E6%9D%B1%E5%8C%BA%E5%BD%B9%E6%89%80%E7%B3%BB%E7%B5%B1%E3%81%AF%E3%82%B5%E3%83%83%E3%83%9D%E3%83%AD%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%9C%92%E3%81%B8%E4%B9%97%E3%82%8A%E5%85%A5%E3%82%8C%E9%96%8B%E5%A7%8B%C3%A2%C2%80%C2%A6/main_info/612.html 2016年7月2日閲覧。 
  15. ^ “中島公園から空港バス 札幌-新千歳 7月から” (日本語). 北海道新聞 (北海道新聞社). (2016年5月21日). http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/economy/economy/1-0272561.html 2016年7月2日閲覧。 
  16. ^ “新千歳からサッポロビール園に直結 中央バス、来月から” (日本語). 北海道新聞 (北海道新聞社). (2016年6月2日). http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/life-topic/life-topic/1-0277288.html 2016年7月2日閲覧。 

外部リンク[編集]