怒首領蜂大往生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
怒首領蜂 大往生
ジャンル シューティングゲーム
対応機種 アーケード[AC]
プレイステーション2[PS2]
Xbox 360
iPhone
開発元 [AC][iPhone]:ケイブ
[PS2]:アリカ(移植)
[Xbox 360]:5pb.(移植)
発売元 [AC]:AMI
[PS2]:アリカ
[Xbox 360]:5pb.(移植)
[iPhone]:ケイブ
人数 1 - 2人
メディア [AC]:業務用基板
[PS2]:DVD-ROM
[Xbox 360]:DVD-ROM
発売日 [AC]:2002年
[PS2]:2003年4月10日
[Xbox 360]:2009年2月19日
[iPhone]:2012年
テンプレートを表示

怒首領蜂 大往生』(どどんぱち だいおうじょう)は2002年稼働開始のアーケードゲーム。開発元はケイブ、総発売元はエイエムアイ2003年に発売されたプレイステーション2版(通常版・後述)には、「緋蜂」を倒すという究極のプレイが収められたDVDが付属し、それが人気の一助ともなった。

怒首領蜂II』がケイブ以外の会社によって作られた事から、一般的にはこちらが『首領蜂』、『怒首領蜂』の正当な続編であると考えられている。ただし、ステージクリア時の背景イラストの一部に「DONPACHI EPISODE-4」とあることから、『怒首領蜂II』も『首領蜂』シリーズの1つ(『首領蜂』から数えて3作目)と位置づけられていることが伺える。

後述するブラックレーベルのタイトル画面が黒なのに対し、こちらは白である事から『白版』とも呼ばれるようになる。

中国語圏では「怒首領蜂大往生魂」が稼働している。こちらはイージーモードを実装している。

ストーリー[編集]

1000年前、無人の機械兵器同士による世界大戦があった。人類の代理戦争であったはずの戦いは、やがて人の手でコントロール出来なくなるまでに拡大。全てを失った人類は、過ちを二度と繰り返すまいと、月にその兵器たちを封印したのだった。

そして現在は、人類に行えないことは全てロボットに任せられるほどに技術が再発展した時代。人々は平和を謳歌していたが、月において封印されていた機械兵団が復活、地球侵攻の動きを見せていることが確認され、国連軍は月の首都に向けて先制攻撃を仕掛けていった。

プレイヤーは国連軍の戦闘員の一人となり、知性や感情を持つ兵器強化用人型機械「エレメントドール」らと協力して、再び行われる機械対機械の戦いへ身を投じることとなる。

概要[編集]

大往生」の名の通りシリーズの完結編とされていたが、後に『怒首領蜂 大復活』、『怒首領蜂最大往生』が発売されている。それぞれ直接のストーリー関係はないが、ステージ2後半やステージ3前半での前作へのオマージュ、最終ステージでの怒首領蜂キャラクターのゲスト出演などに前々作との繋がりを感じ取ることができる。

ゲームシステムとしては前作よりもさらに派手な攻撃が可能となった「ハイパー」システムが特徴。上級者はミスせずに大量に使用することで、高い難度によるスリルと手応えを得られる。

また、弾幕系シューティングとしては異色ともいえる“速い弾”も特徴。これは性能の良くない基板を使用しているために(弾幕系としては)画面上に弾を多く表示できない、という制約を打開するための策であると同時に、この作品ならではのウリにもなった。

前3作とは違い、弾幕シューティングと高速弾シューティング両方の技術が同時に要求されるため、難易度は過去作と比べかなり上昇している。

音楽は『バトルガレッガ』やNMKのシューティングで知られる並木学が担当。

システムとスコアボーナス[編集]

自機
自機の選択は前作および前々作から大きく変更され、3種類あったものが2種類へと削減されている。[1]プレイヤーはまず以下の2種類のタイプから1つを選択する。
  • Type A - 移動速度が速く前方集中型のショットを持つ
  • Type B - 広範囲のワイドショットを持つが移動速度が遅い
タイプ選択後、以下の強化タイプの異なる3種類のエレメントドールを選択する。
  • ショーティア - 『ショット強化』:通常ショットを強化。ボムが最初3個・最大6個と多く使えるため初心者向け。ただし、攻撃力不足のため2周クリアは困難。
  • レイニャン - 『レーザー強化』:レーザーを強化。使えるボムは最初2個・最大4個。ショット使用時に旧作タイプAのようにオプションが回転する。
  • エクスイ - 『エキスパート強化』:通常ショット・レーザーの両方を強化するが、使えるボムは最初1個・最大2個と少ない。
極少数のスコアラーの手により「同じ『コンボ全つなぎ』という条件であれば、緋蜂戦においてボムが多い分死を回避し易いレーザー強化の方がスコア的に有利」という理論により、レーザー強化でのパターン構築が研究され(これにはボス戦ではレーザーしか使わない=レーザー強化とエキスパート強化の差はボス戦以外しか無いというのもある)、最終的にはエキスパート強化を上回るスコアでのレーザー強化2周クリアが確認されている。また地道にパターンを構築し、スコア上の問題で誰にも評価されない両タイプショット強化での2周ALLも達成はされている。
ハイパー
敵機にレーザーを当てるか、蜂アイテムを取得することで画面上部のハイパーメーターが溜まり、上限まで達するとハイパーアイテムが1個出現する(例外的に1ボスの回転ビットを壊す事により1個、タイミングによっては2個のハイパーアイテムが出現する)。アイテムをとると自機の後部にストックされ、ボムボタンを押すことで発動することができる。複数個をストックしていた場合は、その全てを一度に消費する(効果は下記参照)。
発動時には画面上の敵弾を消す効果があり、発動した瞬間からステージ道中では80フレーム、ボス戦中では120フレームの無敵時間が存在する。ハイパー使用中は自機の攻撃が強化される反面、ランクが上昇し敵の攻撃や弾速が激しくなるため、ボムの代わりとして使用する際には注意が必要である。また、使用したハイパーアイテムの個数に応じて攻撃力が向上し、ヒット数が増加・ヒットカウントの更新間隔が高速化する他、コンボゲージの減少が緩やかになりコンボが途切れにくくなる。
通常ボス戦中では登場せず、ゲージが溜まった瞬間に敵弾全消去だけ行われるが、特定の条件を満たした時のみ登場する。そのため4面ボスの1段階目をタイムアウトによる自爆で体力満タンのまま通過し、2段階目の歯車ビットにハイパーレーザーで撃ち込み→歯車ビットが出ていないときはショット停止&ハイパーアイテム回収を繰り返す事により、コンボカウンターが9999HITでカウンターストップする現象が起きる(内部的には10000HIT以上もカウントされていて、ボス撃破後の精算画面で途中からカウンターが回り始める。またブラックレーベルでは10000以上もカウントされるように修正済み)。
コンボボーナス
「怒首領蜂」とほぼ同じ内容である。ハイパー使用中は通常とは異なり、ハイパーによるヒット数増加部分に、コンボ累計得点の1/10が加算される。
蜂ボーナス
各ステージに10個隠れている蜂アイテムを取ると発生。取得すると、取得時のコンボ数×1,000点が加算される。なお、10個すべてをノーミスで取得した場合、最後の1個は得点がさらに2倍される。取ると同時にコンボ数に応じてハイパーゲージが上昇するため、ハイパーアイテムを早回しする際にはコンボを繋げた状態でとり続ける必要がある。

ステージ構成[編集]

“大往生”のステージ構成は基本的に、ショット一発で倒せる敵一発では倒せない硬い敵とが複雑に交錯するように現れ、それらの敵達が自機に対し得意の攻撃を駆使して激しい弾幕を張っていく、というもの。
大半の縦スクロールシューティング同様、地形トラップの類は(実質的に)無い。
すべてのステージにおいて途中で中ボスが登場する。この中ボスは一定時間が経過すると、たとえ倒せなかったとしても中ボスが退却したり自機がやりすごしたりするなどして、自動的に戦闘が終了する。
また、ステージの最後にはボスが登場するが、このうち5面のボスである最終鬼畜兵器・黄流の第二形態及び極殺兵器・緋蜂の二種は二周目にのみ登場する(後述のブラックレーベルでは一周目でも戦闘可能)。
解説 中ボス ボス[2] 使用曲(カッコ内は元ネタ[3]
1 月の首都・月華僑(ルナポリス)の上空が舞台。敵の数は多いものの攻撃は緩めで、道中は初心者でもあまり問題なく対処できる(一周目のみ)。STG初心者の場合はこのステージで基本となる『切り返し』や『(弾の)引きつけ』を覚えることになる。 環顎(カンガク) 大型制空戦闘機

凄駆(スザク

東亞東亜プラン
2 かつてクレーター地帯だった湿地帯を進む。このステージから敵の攻撃が本格化する。ボスは(一周目においても)二面のものとしてはかなり厳しい攻撃を仕掛けてくる事で知られ、一種の名物と化している。 雷爪(ライソウ) 局地用浮揚戦車

百虎(ビャッコ

彩虹彩京
3 月の上空(惑星でいう衛星軌道上)での戦闘。この辺りから適当に攻撃と回避を繰り返しているだけでは、必ずと言ってよいほど弾幕にやり込められるようになる。たとえコンボを狙わなかったとしても、敵を撃破する順番を意識する事(パターン化)が必要になってくる。 空羅(クウラ) 軌道衛星防衛艦

厳武(ゲンブ

凄舞セイブ開発
4 月の坑道の中を突き進んでいく。砲台が多く、敵の数も弾も非常に多い。ボスはパターンさえ覚えれば、二面や三面よりも楽という意見も存在する。 神顎(シンガク) 局地用浮揚戦艦

逝流(セイリュウ

錯節サクセス
5 最終ステージ。前半は怒首領蜂の1面を思わせる地形になっており、後半は題名にふさわしい“蜂の巣”を模した地形が特徴的。怒首領蜂のステージボスを模した中ボスが二体登場する他、前述のとおり二周目及びブラックレーベルの場合はボスが(実質的に)三体登場する。 大型戦闘艦

雷光(ライコウ)

大型爆撃艦 嵐光(ランコウ)

最終鬼畜兵器

黄流(コウリュウ)第一形態

同・第二形態

極殺兵器・緋蜂(ヒバチ)

胎慟タイトー

高難度の2周目[編集]

当作品には前作『怒首領蜂』同様、ノーコンティニューで下記の条件のいずれかを満たした時のみ挑戦可能な2周目が存在する。

  • ミス回数が2ミス以内
  • ボム使用回数が3回以下
  • 蜂アイテムパーフェクト(各ステージに存在する10個の蜂を全てノーミスで回収)が3ステージ以上

前作との大きな違いは、2周目の開始前に残機が没収されてしまうことである。そのため2周目1面においては必然的に1ミスすると即ゲームオーバー、さらにコンティニュープレイ禁止という仕様となっている[4]。2周目の最後に登場する真のラスボス「緋蜂」は前作の「火蜂」を上回る激しい攻撃をし、稼動開始から数ヶ月の間クリアを阻んだという[5]。当作品の「緋蜂」は、現在でもシューティングゲーム史上の最高難度ボスの一つに数えられる。[6]

ブラックレーベル[編集]

2002年10月25日には、本作のバージョンアップ版である『怒首領蜂 大往生 ブラックレーベル』が発売された。そのタイトルの通り、ゲーム中でのタイトル画面が白基調から真っ黒になっている。プレイヤーのニーズに合わせ初期難度がやや落とされているのが大きな特徴で、またオリジナル版と同じ「2周モード」に加えて全5面でゲームクリアとなる「1周モード」を追加している他、プレイしやすさの追求のために細部が調整されている。ただし白版(オリジナル)に比べると出荷枚数は少なく、稼働から長時間経過した事より撤去も進み、半ばレア基板となっている。

ブラックレーベルの基板は起動キーがSRAMに保存されており、電池が一定電圧を下回るとSRAMのデータが消えてしまい起動が不可となりメーカー修理扱いとなる。これはオリジナル版の基板をブラックレーベルに改造される事を防止する為の措置と言われている。

移植版[編集]

プレイステーション2版[編集]

2003年4月10日にはプレイステーション2版が発売されている。移植はアリカが担当。当プレイステーション2版では、単なる移植に留まらず、本作の2周クリアを達成したプレイヤー達の協力によってオリジナルのアーケード版の敵配置や操作感覚などを文字通りの完全移植することに尽力されている。

アーケード版同様にプレイできる「アーケードモード」に加え、様々な状況を設定してプレイできる練習用モード「シミュレーションモード」、高難度モードの「デスレーベル」を実装している。

デスレーベルモード[編集]

当作品のプレイステーション2版には「デスレーベル」というモードが追加されている。

この「デスレーベル」は、ステージ道中はなく各ステージのボス前から開始となる、いわゆる「ボスラッシュモード」である。1周目のボスの攻撃は通常モードの2周目のボスよりも遥かに激しく、見て避けられる攻撃が少ないことが特徴。従って、「面の開始時に降ってくる5個のハイパー」と「面毎にストックが回復するボム」を駆使してボスを倒すことになる。 

ただし、ハイパーとボムの存在のおかげで1周目の難易度はそれほど高くない。

また1周目をクリアすると無条件で2周目に突入となるが、このモードの2周目では1周目と攻撃は同じであるものの、以下の厳しい条件が追加されている。

  • 残機没収
  • 面クリア時のエクステンド無し
  • 開幕時ハイパーアイテム供給停止
  • ボムを使うとボスの耐久力が著しく回復ボム縛り
  • 2周目の最後に登場する「真・緋蜂-改」は、一部の攻撃が1周目の「緋蜂-改」と比べて弾数が2倍

つまり、ボスを倒す手段であったハイパーがなくなり、もう一つの手段であったボムも使用が制限された状態で、残機0のまま面を進んでいかなければならない仕様になっている。

その難易度は「人間にはクリア不可能」とされるほど高く[7]、インターネット上でクリア達成報告をする者が初めて現れたのも、PS2版の発売から7年5ヶ月経ってからのことだった[7]。尚、1周目をクリアした際には前作『怒首領蜂』の登場人物である「シュバルリッツ・ロンゲーナ大佐」らしき人物がゲスト出演するというサービスもある(当作品アーケード版には登場しない)。

Xbox 360版(ブラックレーベルEXTRA)[編集]

2009年2月19日Xbox 360移植版『怒首領蜂 大往生 ブラックレーベルEXTRA』が発売された。『怒首領蜂 大往生 ブラックレーベル』の移植であり、『怒首領蜂 大往生』も同時収録。

移植、発売は5pb.が担当、担当プロデューサーはさかりまさき、下記に記されている騒動後よりアリカの三原一郎が引き継いだ。開発はアクアシステム

特有のオリジナル要素[編集]

Xモード
アーケード版の移植に加えて、Xbox 360版オリジナルモードが追加される。Ver1.8にアップデートされた際、初めから選択することが可能になっている。1週のみで緋蜂が登場する。
変更点は以下の通り。
  • 敵配置が初心者向けに簡単になる
  • ハイパーで敵弾消去が可能(消去付加時は、オリジナルに比べて色が緑がかっている)。消去した敵弾もコンボの対象になるため、使用中の敵ランク強化でさらにコンボを稼ぐことが可能。レーザーのオーラにも付加されるため、レーザー使用時は敵弾に対して無敵になる。ただし、緋蜂の一部の弾幕のみ消去不可。エレメントドールによって消去条件が異なる(ショーティア及びレイニャンはそれぞれの攻撃強化が効果対象、エクスイは両方だがアイテム2個以上使用が条件、パイパーは1個以上で両方だが前者3体に比べ効果が短い)。
  • 新エレメントドール『パイパー』が追加。ショットとレーザーが常時ハイパーモードな状態(色はオリジナルと同じ。ハイパーアイテムで短時間の敵弾消去効果付与)になり、アイテム使用時の威力の上昇も併せて攻撃力が非常に高くなる。代わりにボムが一切使用できないという、エクスイと同じく上級者向け。
  • 敵弾に接触すると発動するオートボム機能の追加。ショーティアおよびレイニャン選択時に適用される(レイニャンのみボムが最大の時に発動可能)。
  • アーケード版のエレメントドールのエンディング内容に、若干の変更点・追加点が加えられている。
オンラインランキング
Xbox Liveに対応しており、世界中のプレイヤーとランキングを競い合うことが可能。
リプレイ機能
自分のプレイを保存し鑑賞することが可能。
その他
ギャラリーモードで、開発資料のイラストなどが閲覧できる。
プレイ中のBGMに、アーケード版のモノラル、家庭用のステレオ、Xモード用アレンジ曲が選択可能。
マーケットプレースではアイコン、テーマといったダウンロードコンテンツを配布。
Xbox 360の実績システムに対応している。

ブラックレーベルEXTRAのトラブル[編集]

発売日は当初は2008年12月25日とされていたが、完成の遅れを理由に2009年2月19日に延期された。にもかかわらず、「oldモード2周目でフリーズする」「リプレイが正常に再生されないことがある」等のバグや、「起動からゲーム開始までローディングに2分かかる」「メニューで階層移動するときにも場所により10秒ローディングがある」等の不備が見つかっており、5pb.は2009年3月27日に「今後の出荷を中止する」と発表した。[1] 5pb.は不具合に対してタイトルアップデートで対応する事を雑誌で発表した。

2009年6月19日、5pb.のサイトにて、開発会社アクアシステムが、ケイブアリカが著作権を有するPS2版『怒首領蜂 大往生』のプログラムソースコードを無断で複製し、意図的に改竄しながら本作品を製作していた事実が公表された[8]。ゲーム発売後、ケイブ・アリカから事実確認の要請を受け調査したことで明らかになったという。この著作権侵害問題について5pb.は謝罪するとともに、二度とこのような事態が起きないように管理体制を見直すとした。

2009年6月20日アリカ副社長である三原のブログサイトMihara's sub Layerにて、一部状況説明が行われ、その中でアリカ主導で修正版が作られることが告知された[9]。移植の際にデザインのリファインを担当した井上淳哉も6月8日に本件についての書き込みを残していた。

その後しばらく音沙汰の無い状態が続いていたが、2011年1月19日にようやくタイトルアップデート(Ver1.8)が行われ、問題視されていた致命的なバグを始め、その他細かい部分も含め大量の修正・変更が施された。

iPhone版[編集]

2012年で配信。旧バージョン(白レーベル版)の移植。下記の追加機能により、初心者にも非常に遊びやすくなっている。

  • オートボム・オートハイパー搭載(設定でオン・オフ可能)。
  • 難度は、アーケード難度と同様のHELLの他、より簡単なNOVICE, NORMAL, HARDから選択可能。
  • 有料アドインにより、2周目に確実に行ける、自機の当たり判定を小さくするなどのカスタマイズが可能。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 怒首領蜂シリーズの自機は首領蜂に連なる機体だが、大往生に関してはType B(可変式オプションを持つ攻撃ヘリ)に該当する機体が無い。さらには機体デザインやカラーリングも大きく異なる
  2. ^ 緋蜂以外のボスの名前は、すべて中国の五行思想神獣の名前が元になっている。
  3. ^ 全てシューティングゲームを製作している(いた)ゲームメーカーの名前をもじった物となっている。
  4. ^ ブラックレーベルでは2周目に突入する際も残機を全て持ち越すことが可能となったが、代わりにノーミスまたはノーボムでステージをクリアした際の1UPは無くなった。
  5. ^ アルカディアのハイスコアランキングに依れば、稼働開始から約4ヶ月後に長田仙人及びユセミSWYの手でそれぞれA-EXPとA-Lに依るクリアが確認され、その約3ヶ月後にB-Lでクリアが確認されている。
  6. ^ ブラックレーベルでは1周コースを選ぶと無条件で最後に戦うことになる。
  7. ^ a b 池谷勇人 (2010年9月29日). “日々是遊戯:「人間にはクリア不可能」と言われたシューティングゲーム、7年5カ月目にしてついに突破される”. 日々是遊戯. 2010年9月30日閲覧。
  8. ^ 『弊社販売ゲームソフトに関するお詫び』2009年6月19日閲覧。
  9. ^ Mihara's sub Layer | 360大往生のこと