快傑ヤンチャ丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
快傑ヤンチャ丸
ジャンル 横スクロールアクション
対応機種 アーケード
開発元 アイレム
発売元 日本 アイレム
アメリカ合衆国 データイースト
シリーズ 快傑ヤンチャ丸シリーズ
人数 1 - 2人
メディア 業務用基板
(514.28キロバイト
稼働時期 INT 1986121986年12月
デバイス 8方向レバー
2ボタン
システム基板 アイレムM62システム
CPU Z80 (@ 4 MHz)
サウンド MC6803 (@ 894.886 kHz)
AY-3-8910A (@ 894.886 kHz)×2
MSM5205 (@ 384.000 kHz)
ディスプレイ ラスタースキャン
横モニター
384×256ピクセル
55.00Hz
パレット512色
テンプレートを表示

快傑ヤンチャ丸』(かいけつやんちゃまる、英題:『Kid Niki: Radical Ninja』)は、1986年にアイレム(現・アイレムソフトウェアエンジニアリング)から稼動されたアーケードゲーム。翌年の1987年9月26日[1]にはファミコン版が発売された。

概要[編集]

横スクロール型のアクションゲーム。攫われたくるみ姫を救出するため、忍者のヤンチャ丸が愛用の刀を武器に、風鈴城をのっとった妖怪軍団を倒すのが目的となる。

設定[編集]

ストーリー[編集]

ヤンチャ丸は師匠である納芭飛毛蔵(おさばひけぞう)の元で剣の修行を行っていた。そんな折、くるみ姫が何者かに襲われ、ヤンチャ丸は駆けつける。師匠に事の成り行きを説明すると、師匠は風鈴城の乗っ取りを計画している像輪玄(ぞうりんげん)の一味に違いないと言う。

時が経ち、快傑ヤンチャ丸と呼ばれるようになった彼は秘技回転剣を会得していた。その夜、くるみ姫が飼っているハトの豆丸が傷ついた姿でヤンチャ丸の元へ飛んでくる。豆丸は巻物をくわえており、その巻物にはくるみ姫の字で「助けて候」と書かれていた。すでに風鈴城は像輪玄に乗っ取られていたのだ。

ヤンチャ丸はくるみ姫を救出するため、単身像輪玄に戦いを挑むのであった。

ステージ構成[編集]

ROUND1
ボス:おたふくたろう
ROUND2
ボス:じぞうこぞう
ROUND3
ボス:ぞうしょくむすめ
ROUND4
ボス:おてもむかで
ROUND5
ボス:せっきょうおしょう
ROUND6
ボス:かぶとぶし
ROUND7
ボス:ぞうりんげん
ROUND8
ボス:ぞうりんげん

敵キャラクター[編集]

青きつね隊
止まらずにまっすぐ突っ込んでくる。段差があると引き返す。飛び道具による攻撃なし。
赤きつね隊
プレイヤーを執拗に追いかけ、段差があっても飛び越えてくる。プレイヤーの手前に来るとバネや輪投げで攻撃してくる。
緑きつね隊
木の近くで待ち伏せしている。枝の上にいるものは爆弾を落としてくる。木の幹にしがみついているものは地上に降りて手裏剣を投げつける。
アクロバット隊
1面にいるものはその場ジャンプをするだけだが、6面からは側転しながら接近してきたり、3〜4人がかりで妨害したりする。
ゲリラ凧隊
3面から登場。動きを熟知していないと、攻撃を当てようとしてミスしやすい。
岩かめ隊
3面のみ登場。岩を押しながら低速で前進する。岩は回転剣等による数回の攻撃で破壊可能。岩を破壊されると低速で逃げる。
しろかべ隊
4面の池や6面の城壁にいる。顔を向いた方向(右か左)に、高速で上昇するシャボン玉を3発撃つ。
からす天狗隊
5面から登場。動きは青きつね隊と同じだが、数で圧倒してくる。
小坊主隊
5面から登場。時々、プレイヤーと飛び越えて振り返ると同時に数珠を投げるものがいる。
みはり鳥・みはり虫
動かないが、ほかの敵同様触れるとアウト。
爆弾鳥
頭に載せた爆弾をプレイヤーの手前に落としてくる。破裂したときの爆風に攻撃判定はない。
ふく面鳥
登場時は空中に1羽だけ止まっている。プレイヤーが近寄ると複数羽が同じ軌道で体当たりをするが、最後の1羽になると逃げようとする。すべて倒すとアイテム(銀の鈴)を出す。
小判鳥
バック宙しながら前進する鳥。倒すと小判(500点)を複数枚だす。

他機種版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数
1 日本 快傑ヤンチャ丸
アメリカ合衆国 Kid Niki: Radical Ninja

日本 198709261987年9月26日
アメリカ合衆国 1987111987年11月
ファミリーコンピュータ トーセ 日本 アイレム
アメリカ合衆国 データイースト
2メガビットロムカセット[2] 日本 IF-07
アメリカ合衆国 NES-KD
-
2 Kid Niki: Radical Ninja
アメリカ合衆国 1987年
Apple II
コモドール64
Quicksilver Software データイースト フロッピーディスク - -
3 パチパラ3D デラックス海物語
~パチプロ風雲録・花 孤島の勝負師たち~

日本 201302072013年2月7日
ニンテンドー3DS アイレム アイレム ゲームカード CTR-P-AU9J -
ファミリーコンピュータ版の移植

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
ファミ通 18/40点 (FC)[3]
ファミリーコンピュータMagazine 19.01/30点 (FC)[2]
ファミリーコンピュータ版

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計18点(満40点)[3]、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、19.01点(満30点)となっている[2]。また、同雑誌1991年5月10日号特別付録の「ファミコンロムカセット オールカタログ」では、「顔が大きな『おたふく太郎』など、敵キャラが特徴的」と紹介されている[2]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.51 3.15 3.19 3.20 2.95 3.01 19.01

関連項目[編集]

シリーズ作品として以下の作品が発売されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ゲームセンターCX』より。
  2. ^ a b c d 「5月10日号特別付録 ファミコン ロムカセット オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店1991年5月10日、 84頁。
  3. ^ a b 快傑ヤンチャ丸 まとめ [ファミコン] / ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2017年4月30日閲覧。

外部リンク[編集]