忠宣王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
忠宣王
各種表記
ハングル 충선왕
漢字 忠宣王
発音 チュンソンワン
日本語読み: ちゅうせんおう
ローマ字 Chungseon / Wang Zhang
テンプレートを表示

忠宣王(ちゅうせんおう、1275年10月20日(旧暦9月30日) - 1325年6月23日(旧暦5月13日))は第26代高麗王(在位1298年1308年 - 1313年[1]

第25代国王忠烈王クビライの娘荘穆王后との間の長男として生まれ、元の宮廷で育った。妃はクビライの曾孫娘、薊国大長公主、宝塔実憐、子は忠粛王(次男)。姓は王、名は璋、初名は謜。蒙古名は益知礼普花(イジリブカ、ᠢᠵᠢᠷᠪᠦᠺᠠ、Iǰirbuka[2])。諡号忠宣憲孝大王太尉王)、廟号憲宗

治世中に権塩法を施行し専売制を実施した。

  • 1291年 世子(特進上柱国高麗国王世子)として冊封
  • 1292年 趙妃が世子嬪に揀択されて入宮
  • 1295年 8月忠烈王の代行後元に戻る
  • 1296年 11月元の晋王甘麻剌の娘 宝塔実憐と婚姻
  • 1299年 趙妃誣告事件(薊国大長公主が趙妃を嫉み誣告)→忠烈王が復位
  • 1308年 瀋陽王に冊封後、忠烈王死去後に高麗王に冊封。
  • 1316年 瀋陽王を世子[3](忠烈王の長男江陽公滋の第2子)に譲位。カマラの子スンシヤン中国語: 松山 (梁王))の娘訥倫公主を娶り、駙馬になる。
  • 1320年 吐蕃(チベット)に流されるが5年後に戻る。
  • 1325年5月 元国で死去。

関連事項等[編集]

脚注と参考文献[編集]

[ヘルプ]

  1. ^ 高麗史 卷三四 忠宣王世家
  2. ^ モンゴル語で「幼い牛」を意味する。
  3. ^ Wang Go(王)、ピンイン: wang2 gao3、モンゴル名: Öljeyitü(完澤禿)、孫はToghtua Bukha(脱脱不花