志道広良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
志道広良
時代 戦国時代
生誕 応仁元年(1467年
死没 弘治3年7月1日1557年7月26日
別名 通称:太郎三郎[1]:瑞如
官位 受領名上野介[1]、大蔵少輔[1]
主君 毛利弘元興元幸松丸元就
氏族 大江姓毛利氏庶流志道氏
父母 父:志道元良
兄弟 広良口羽通良?
広長坂元貞、口羽通良?

志道 広良(しじ ひろよし)は、戦国時代武将毛利氏の家臣。通称は太郎三郎[1]受領名上野介[1]、大蔵少輔[1]安芸国志道城主。志道元良の子で[1]、弟に口羽通良(なお、通良は広良の子とする説もある[2])がいる。子に志道広長坂元貞など。

生涯[編集]

本姓大江氏家系毛利氏の庶家で代々の毛利家当主を補佐していた坂氏一門。父・元良の代から志道氏を名乗る。

応仁元年(1467年)、志道元良の子として生まれる。毛利興元の代から毛利家執政を務めていたが、興元の弟・元就の器量を早くから見抜き、親交を結んでいた。永正10年(1513年)には、17歳の元就が47歳の広良に差し出した起請文では、両者がよく協力しつつ、主君である興元に忠節を尽くすことを誓っている。広良が元就を並の人物では無いと見抜き[3]、年若い元就に起請文の提出を求めて一人前の武将に育て上げていったとされる[4]

毛利興元と嫡子の毛利幸松丸が夭折した後、毛利元就とその弟・相合元綱との間で争いが起きると、元就を支持して、他の14人の宿老とともに署名した起請文を提出[5]し、かつ足利将軍家の同意もいち早く取り付けた。その後元綱を擁立した宿老の坂広秀渡辺勝の謀反はあったものの、元就に無事家督を相続させることに成功。本家筋の坂広秀が相合元綱を擁して謀叛した際には、元就方として鎮定する側にまわったため、乱の後に次男の志道広昌に途絶えた坂氏の名跡を継がせて、本家を継承せしめた。以後の広良は元就の軍師的な役割を務め、さらにはその子隆元の後見役を務め活躍する。

享禄5年(1532年7月13日の毛利氏家臣団32名が互いの利害調整を元就に要請した連署起請文では2番目に「志道上野介広良」と署名している[6]

弘治3年7月1日1557年7月26日)に91歳の長寿で死去。天文1539年)に嫡子・広長に先立たれていたため、嫡孫(広長の子)の志道元保が跡を継いだ。

逸話[編集]

  • 元就から非常に信頼されており、「(隆元の周辺には)広良のような名宰相がいない」と語られている[3]
  • 毛利隆元に「君は船、臣は水」(家臣は水であり、その水が無いと船は浮かばない。また、水は簡単に船をひっくり返す。だからこそ君臣の関係は大切にしなければならない)と、主従関係を例えている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 『近世防長諸家系図綜覧』防長新聞社山口支社編、三坂圭治監修、防長新聞社、1966年3月。全国書誌番号:73004060NCID BN07835639OCLC 703821998Closed Access logo alternative.svg国立国会図書館デジタルコレクション
  • 吉田龍司『毛利元就 : 「猛悪無道」と呼ばれた男』新紀元社〈Truth in history, 22〉、2010年9月。全国書誌番号:21821591ISBN 9784775308400NCID BB03590229

関連項目[編集]