志村一隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

志村一隆(しむら かずたか、1968年 - )は、日本研究者WOWOW情報通信総合研究所にて日本国外のメディア・コンテンツ業界の調査研究に従事。 現在はヤフーのエバンジェリスト、メディアコメンテーター、日本独立作家同盟理事、一般社団法人デジタルサイネージコンソーシアム理事。また水墨画家としても活動。

来歴[編集]

東京都生まれ。県立千葉東高校時代は野球部に所属。

現在はApple TVGoogleTVに代表される、ネットテレビ(インターネットテレビ)をテーマとしている。テレビ・雑誌等のマスメディアや、ブログへの執筆など活動している。

連載[編集]

著書[編集]

寄稿[編集]

  • 日本民間放送連盟研究所「2012年度 民放のネット・デジタル関連ビジネス研究プロジェクト報告書」、2013年3月
  • 週刊エコノミスト「日本のテレビ凋落 スマートテレビからスマートホームへ 世界市場の潮流は韓国勢がつくる」、2013年5月29日号
  • 週刊エコノミスト「マーケティング ゲームのメカニズムで課題解決 販促や教育に効果的だが副作用も」、2013年7月16日号
  • 週刊エコノミスト「米ビデオ会社が急成長 ドラマも作るネットフリックス」、2014年5月27日号
  • 週刊エコノミスト「アジアの放送 アジアのテレビ市場攻める香港・韓国 コンテンツは「聖地」で売る時代」 2015年1月27日号

メディア出演・コメント掲載(テレビ・ラジオ)[編集]

テレビ番組・ラジオ
新聞・雑誌
  • 週刊SPA「録画予約ランキングが視聴率に取って代わる」、2013年9月25日号
  • 月刊技術営業「本のテレビの未来」、2013年9月号
  • 週刊アスキークラウド「アップルの好きにさせたくない メーカー・ハリウッド連合 著作権の黒船「ウルトラバイオレット」、2013年9月号
  • 産経新聞「コンテンツは「4Kテレビ」不要? メーカー意気込むも放送局は慎重」、2013年6月27日
  • 日本経済新聞 中外時評「次世代テレビへの挑戦」2013年5月5日
  • BIG tomorrow「10年後のメディアを考える」2012年12月号
  • 朝日新聞「視聴率、デジタル時代 年収・表情…秒単位で追跡」2015年5月8日
インターネット

講演活動[編集]

芸術活動[編集]

「Sumie」として、水墨画を主にネットメディアを活用して、全世界に配信。Youotubeにアップした動画がデイリーランキングでTOPを取るほどのアクセスを集める。 現在は、自身の制作した墨絵を写真に撮影し、加工しアクリル板に転写する「トランスコーディズム」のシリーズを発表。

主な展覧会
  • LINEART 2009(2009年、ベルギー)
  • LINEART 2010(2010年、ベルギー)
  • LINEART 2011(2011年、ベルギー)
  • LINEART 2012(2012年、ベルギー)
  • ART NAGOYA 2012(2012年)
  • TRANSCODISM(2012年、神谷町エクスリバ)
  • TRANSCODISM(2012年 北井画廊
  • ART NAGOYA 2013(2013年)
  • 赤沢書宿展(2013年) 山梨県早川町の赤沢宿で開催


外部リンク[編集]