志和堀村両親殺害事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

志和堀村両親殺害事件(しわほりむらりょうしんさつがいじけん)とは、1948年広島県で発生した未成年の教職員による尊属殺人事件である。

事件の概要[編集]

1948年6月12日午前2時ごろ、広島県賀茂郡志和堀村(現在の東広島市)にある巡査駐在所に、村内の小学校助教員Mから「両親が殺害され屋内や土蔵が荒らされている」との届出があった。そのため賀茂地区警察署(現在の東広島警察署)捜査したところ、父(当時57歳)と母(当時52歳)の頸部に刺創があり、屋内の箪笥から衣服が引き出されているなど、強盗による凶行と思われた。また検視から犯行時間は6月11日の午後10時から11時の間と推定して、外部侵入者によるものとして捜査を開始した。

しかし、犯行時間は2階で就寝していたというMの供述に不審な点があるうえ、周辺の聞き込みから女性関係の問題から相当の借財を抱えMと両親との折り合いが悪かったことが判明、警察が追及したところ6月13日夜になって犯行を自供した。

犯行動機[編集]

Mは一人息子で両親と3人暮らしで比較的裕福な暮らしぶりであったが、両親から厳しく育てられた結果、ひねくれて猜疑心の強い性格であった。広島市の崇徳中学校旧制中学校で、当時は四年制)を卒業後の1946年4月から隣村の東志和村の小学校に就職したが、同僚の女性教員と相思相愛の仲となり懐妊させた。しかし両親が封建的かつ頑迷固陋な厳格な性格であったため、結婚など許されず自身も教職員という立場から、諦めざるを得なくなった。そのうえ女性の胎児堕胎費用を工面する為に、知人に金策を依頼し借金をしていたが、それでも足らないため、自宅から金銭を幾度も持ち出していた。この金銭問題のため両親から強く叱責された。そのためMは両親の殺害を決意した。犯行当日の6月11日に匕首でまず入浴中の母親を殺害、ついで農作業から戻ってきた父親を殺害した。そして強盗による犯行にみせかけるために家内を荒らすなど「偽造工作」をした後で警察に何食わぬ顔で届け出たわけであった。

Mのその後[編集]

Mは1950年2月21日死刑が確定したが、1952年死刑囚恩赦が行われ無期懲役に減刑になった。

参考文献[編集]

  • 広島県警察史編さん委員会編 『広島県警察史 下巻』、744-745頁、広島県警察本部、1972年