忍者を主題とする作品一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
江戸ワンダーランド日光江戸村の忍者装束の男(三重県伊勢市

忍者を題材とする作品一覧は、忍者主人公、またはそれに準じるキャラクターであるもの、あるいは、作品のテーマに関わる重要な役割を果たすゲーム・文学作品・映像作品・コミックなどを扱う。

大衆文化の忍者について[編集]

忍者は日本の民話文学時代劇や芸能において、古くから人気のあるテーマである。たとえば、石川五右衛門は、多くの歌舞伎に登場し、猿飛佐助は、1911年以来、多くの日本の子供たちの物語に登場している。 1916年の無声映画に登場している『古賀流忍術』は、最初の忍者映画である[1]。忍者が主題となっている映画や本は日本の大衆文化の花形となり、1950年代以降にかけてあらゆる作品へ拡大していった。

1960年代のテレビシリーズは『隠密剣士』がオーストラリアフィリピンにおいて、日本と同様に忍者が若い視聴者の間の興味を引き、007シリーズイギリス映画007は二度死ぬ』でも取上げられた。1980年代には千葉真一主演テレビドラマ時代劇影の軍団シリーズ』が欧米で『Shadow Warriors 』のタイトルで放映され、ショー・コスギが主演する忍者映画がアメリカで製作された。1980年代後半から1990年代初頭にかけて、米国では『忍者タートルズ』。2000年代に入って放送されている『NARUTO -ナルト-』によって、世界的な忍者マニアが誕生している[2]

忍者を題材にした作品 (時代劇・忍者もの)[編集]

ここに参考として挙げているものは、日本の戦国時代や江戸時代を舞台にしており、突飛な設定(忍術そのものの誇張は除く)のないものである。並びは年代順。作品発表年が記されていないものは五十音順または作家別。

小説[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

ビデオゲーム[編集]

漫画[編集]

アニメ[編集]

国際的に流通した作品[編集]

忍者が主人公またはレギュラー的に登場する作品のうち、時代考証には制限されないが、複数の国にまたがって放映・放送・公演された作品および翻訳されて流通出版されている書籍・DVD作品で、上記の節にあげられていないもの。

小説[編集]

  • ブラック・ラグーン シェイターネ・バーディ』『ブラック・ラグーン2 罪深き魔術師の哀歌』 - インチキ修行法で、本当に忍者となったの白人青年「シャドーファルコン」が登場) 虚淵玄
  • ニンジャスレイヤー』 - ブラッドレー・ボンドとフィリップ・ニンジャ・モーゼズのアメリカ人作家によるサイバーパンク的な設定の作品。

映画[編集]

特撮[編集]

ビデオゲーム[編集]

アニメ・漫画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

出典[編集]

  1. ^ Koga unôn ninjutsu kogaryû - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  2. ^ FROM THE ARCHIVES - Black Belt Magazine”. Blackbeltmag.com. 2010年6月30日閲覧。

忍者を主題とする作品のカテゴリー一覧[編集]

関連項目[編集]