忍者くん 魔城の冒険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
忍者くん 魔城の冒険
ジャンル 縦スクロールアクション
対応機種 アーケード (AC)
開発元 UPL
発売元 タイトー
デザイナー 西澤龍一
藤沢勉
プログラマー 西澤龍一
藤沢勉
美術 西澤龍一
人数 1 - 2人(交互プレイ)
メディア 業務用基板
(104.00キロバイト
稼働時期 日本 1984101984年10月
対象年齢 日本 CEROA(全年齢対象)
デバイス 2方向レバー
2ボタン
CPU Z80 (@ 3 MHz)×3
サウンド AY-3-8910A (@ 3.000 MHz)×2
ディスプレイ ラスタースキャン
横モニター
256×192ピクセル
60.00Hz
パレット768色
その他 型式:84003A
テンプレートを表示

忍者くん 魔城の冒険』(にんじゃくん まじょうのぼうけん)は、1984年10月に日本のタイトーより稼働されたアーケード縦スクロールアクションゲーム

主人公の「忍者くん」を操作し、城に侵入した魔物を倒して奪われた宝物を取り戻す事を目的としている。ステージクリア型のアクションゲームであり、ジャンプして山や城を登っていく縦スクロールである事を特徴としている。またシステム上の特徴として、敵キャラクターに思考ルーチン(AI)を搭載し、プレイヤーとの位置関係を把握しながら行動していることが挙げられる[1]

『ノバ2001』に続く第二作目としてUPLが開発を行い、ゲーム・デザインおよびプログラムは後に『ワンダーボーイ モンスターランド』(1987年)を手掛けた西澤龍一と『ぺんぎんくんWARS』(1985年)を手掛けた藤沢勉が担当している。

同年には日本デクスタの移植でMSXロムカセットが発売され、以降も同社によりFM-7用およびPC-8801用が移植発売された。1985年5月10日にもジャレコからFC用として移植された。「魔城の冒険」という呼称はつけず「忍者くん」と呼ばれることが多い。また、2008年12月9日Wiiバーチャルコンソールにてファミコン版が、2014年5月15日PlayStation 4の、2018年4月5日Nintendo Switchアーケードアーカイブスにてアーケード版が、それぞれ配信されている。PlayStation 4アーケードアーカイブス版にて初めて日本国外にて発売され、タイトルは『Ninja Kid』となっている。

いくつか製作されている続編およびこれらを基にしたパチスロについても、本項で記述する。

ゲーム内容[編集]

赤い忍び装束を纏った1.5頭身の忍者「忍者くん」が、幾段にもなる足場を上下に行き来し、縦に4画面スクロールするステージを駆け巡って敵を倒していく内容で、各ステージにいる8体の敵キャラクターを全て倒すことでステージクリアとなる[1]

少数派のジャンルである縦スクロールアクションゲームとなっており、敵の攻撃に当たる事で1ミス、残機が無くなることでゲームオーバーとなるシステムになっている[2]。操作は2方向レバーとジャンプ、攻撃の2つのボタンを使用し、レバーを左右どちらかに入れながらジャンプする事で上方向に向かって飛ぶ[2]。ボタンを長押しする事で上の段にジャンプする事ができ、短くボタンを押す事でショートジャンプをすることができる[2]。またレバーを入れずにジャンプボタンを押す事で下の段へと飛び降りる事ができる[2]。このジャンプの動作を如何に使いこなせるかによって難易度が大幅に変わる仕様となっている[2]

攻撃ボタンを押す事で手裏剣での攻撃が可能であるが、手裏剣は単発でしか撃てないため、敵の正面から撃ち合いをするとミスとなるリスクが高くなる[2]。そのため、ジャンプで敵に体当たりして気絶させてから攻撃する事が重要となる[2]

ステージに付き1つだけ落下してくる玉を3つ回収する事でボーナスステージに進む事ができる[3]。敵キャラクターは黒子、ダルマ、般若、カミナリ小僧、獅子舞、ガイコツ、トカゲ、武者の8種類となっており、この8種類が順番に登場する24ステージをクリアする事で8種類が混在したステージが始まる事となる[3]。その後にボスキャラクターの役割の敵を最後に残す事で、そのキャラクターが分身の術を使用するようになる[3]。高次面まで到達しなければ見られない現象のため、目撃したプレイヤーは全国でもごくわずかであるとされる[3]

移植版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 備考
1 忍者くん 魔城の冒険 日本 198505101985年5月10日
ファミリーコンピュータ トーセ ジャレコ 192キロビットロムカセット[4] JF-03
2 忍者くん 魔城の冒険 日本 1985年
MSX 日本デクスタ 日本デクスタ ロムカセット ND-01MR
3 忍者くん 魔城の冒険 日本 1986051986年5月
FM-7
PC-8801
日本デクスタ 日本デクスタ フロッピーディスク -
4 忍者くん 魔城の冒険EX 日本 2005年4月13日[5]
ボーダフォンライブ!
Vアプリ
ビービーエムエフ ビーエムエフ ダウンロード
(忍者くんワールド)
-
5 忍者くん 魔城の冒険EX 日本 2006年7月24日[6]
iアプリ ビービーエムエフ ビーエムエフ ダウンロード
(iゲーム大好き!)
-
6 忍者くん 魔城の冒険 日本 2008年12月9日[7][8][9]
Wii トーセ ジャレコ ダウンロード
バーチャルコンソール
- ファミリーコンピュータ版の移植
7 日本 忍者くん 魔城の冒険
アメリカ合衆国 Ninja-Kid
ヨーロッパ Ninja-Kid
日本 2014年5月15日[10][11]
アメリカ合衆国 2015年5月26日[12]
ヨーロッパ 201507072015年7月7日
PlayStation 4
(PlayStation Network)
UPL ハムスター ダウンロード
アーケードアーカイブス
日本 CUSA-00392
アメリカ合衆国 CUSA-00977
ヨーロッパ CUSA-02490
アーケード版の移植
8 日本 忍者くん 魔城の冒険
日本 2018年4月5日[13][14]
Nintendo Switch
(ニンテンドーeショップ)
UPL ハムスター ダウンロード
(アーケードアーカイブス)
- アーケード版の移植

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
ザ・ベストゲーム2肯定的 (AC)[3]
甦る 20世紀アーケードゲーム大全 Vol.1肯定的 (AC)[2]
アーケード版
  • ゲーメストムック『ザ・ベストゲーム2』(1998年)では『名作・秀作・天才的タイトル』と認定された「ザ・ベストゲーム」に選定され、ライターの石井ぜんじは本作は敵を全滅させるだけの単純なルールの作品であり、特殊なシステムなどが存在しない事を指摘しているが、本作の面白さは敵がプレイヤーとの間合いを図り、疑似的な思考でプレイヤーと対決する部分にあるとした[3]。具体的には敵がプレイヤーからの体当たりを避ける事や逆に体当たりを仕掛けてくる部分の駆け引きが絶妙であるとし、「パターン化できない面白さが生じる」、「キャラクターゲームとして非常に奥が深く、何年間も遊びこんでも飽きることのないゲーム性を実現した数少ないゲームである」と称賛した[3]。また石井は本作のアクション性が後に『ファイナルファイト』(1989年)などのベルトスクロールアクションゲーム対戦型格闘ゲームなどの敵の動作の原点となっている事を指摘した[3]
  • ゲーム本『甦る 20世紀アーケードゲーム大全 Vol.1 アイデア満載! ユニークゲーム編』では、本作の要点は体当たり攻撃も含めてジャンプを如何に使いこなすかであると指摘した上で、「キャラは可愛いが意外に骨太な本作は、プレイヤーから愛される秀作である」と称賛した[2]

忍者くん 阿修羅ノ章[編集]

忍者くん 阿修羅ノ章
ジャンル 縦横両スクロールアクション
対応機種 アーケード (AC)
開発元 UPL
発売元 日本 UPL
アメリカ合衆国 World Games
デザイナー 藤沢勉
プログラマー きんじょうさとる
音楽 メカノアソシエイツ
美術 藤沢勉
角田明美
シリーズ 忍者じゃじゃ丸くんシリーズ
人数 1 - 2人(交互プレイ)
メディア 業務用基板
(584.00キロバイト
稼働時期 INT 1987071987年7月
対象年齢 日本 CEROA(全年齢対象)
アメリカ合衆国 ESRBE(6歳以上)
コンテンツ
アイコン
アメリカ合衆国 Mild Fantasy Violence
デバイス 8方向レバー
2ボタン
CPU Z80 (@ 6 MHz)
サウンド Z80 (@ 5 MHz)
YM2203 (@ 1.5 MHz)
ディスクリート
ディスプレイ ラスタースキャン
横モニター
256×192ピクセル
60.00Hz
パレット768色
その他 型式:UPL-87003
テンプレートを表示

忍者くん 阿修羅ノ章』(にんじゃくん あしゅらのしょう)は、1987年7月に日本のUPLから稼働されたアーケード縦横両スクロールアクションゲーム。日本国外版タイトルは、アーケード版が稼働された当時は『Rad Action』であったが、後に『Ninja Kid II』に改題された。

同社の『忍者くん 魔城の冒険』(1984年)の続編である。主人公の造形は前作と同一あるが、縦スクロールのみではなく多彩なアクションが可能となった事を特徴としている。しかし難易度は高くマニア向けのゲームとされている。開発はUPLが行い、ゲーム・デザインは前作に引き続き藤沢勉が担当している。

1988年5月27日にファミリーコンピュータ版が発売された。ファミリーコンピュータ版は2009年5月19日にWii用ソフトとしてバーチャルコンソールにて配信された他、アーケード版は2015年6月5日PlayStation 4用ソフトとして、2018年10月18日Nintendo Switch用ソフトとしてアーケードアーカイブスにてそれぞれ配信されている。

ゲーム内容[編集]

本作は前作の2方向レバーから8方向レバーへと変更されたため操作性が複雑になった事や、フィールドが多彩になった事などを特徴としている[15]。また前作と大きく異なる点としては、ゲーム開始時にステージ選択が可能である点であり、花札をめくる事でステージを選択するシステムとなっている[2]。ステージによっては段差が一切存在しないステージや、様々な地形が存在するステージ、巨大なボスが出現するステージなどが存在する[2]。前作同様の縦スクロールの面も存在するが、初めから強敵が出現するなど前作の熟練者を想定した難易度となっている[2]。その他に主人公が通り抜けできない壁が存在し、壁登りのアクションが必要となる場面があり、かなりの慣れを要するため多くのプレイヤーがこの部分で挫折する事となった[2]

移植版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 備考
1 忍者くん 阿修羅ノ章 日本 1987年
MSX2 オペラハウス HAL研究所 ロムカセット -
2 忍者くん 阿修羅ノ章 日本 198805271988年5月27日
ファミリーコンピュータ マイクロニクス UPL 1メガビット+64キロRAMロムカセット[16] UPL-NJ
3 忍者くん~阿修羅ノ章 日本 2004年2月2日[17]
ボーダフォンライブ!
Vアプリ
ケイブ ケイブ ダウンロード
(ゲーセン横丁)
- アーケード版の移植
4 忍者くん 阿修羅の章EX 日本 2006年9月27日[18]
ボーダフォンライブ!
(Vアプリ)
ビーエムエフ ビーエムエフ ダウンロード
(ゲーモバ)
-
5 忍者くん 阿修羅ノ章 日本 2009年5月19日[19][20][21]
Wii マイクロニクス ジャレコ ダウンロード
バーチャルコンソール
- ファミリーコンピュータ版の移植
6 日本 忍者くん 阿修羅ノ章
アメリカ合衆国 Ninja Kid II
日本 2015年6月5日[22]
アメリカ合衆国 2015年10月27日[23]
PlayStation 4
(PlayStation Network)
UPL ハムスター ダウンロード
アーケードアーカイブス
アメリカ合衆国 CUSA-03374
アーケード版の移植
7 日本 忍者くん 阿修羅ノ章
日本 2018年10月18日[24][25][26]
Nintendo Switch
(ニンテンドーeショップ)
UPL ハムスター ダウンロード
(アーケードアーカイブス)
- アーケード版の移植

スタッフ[編集]

  • ゲーム・デザイン:藤沢勉
  • プログラム・デザイン:きんじょうさとる
  • キャラクター・デザイン:藤沢勉、角田明美
  • サウンド・コンポーズ:藤沢勉
  • BGMクリエイト:メカノアソシエイツ
  • データ・メーク:はやしたかし

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
ファミ通24/40点 (FC)[27]
ファミリーコンピュータMagazine20.09/30点 (FC)[16]
甦る 20世紀アーケードゲーム大全 Vol.2肯定的 (AC)[15]
アーケード版

ゲーム本『甦る 20世紀アーケードゲーム大全 Vol.2 アクションゲーム・シューティングゲーム熟成期編』では、本作が前作と比較して難易度が高くなったことから「マニア向けなゲームになったと言えるだろう」と指摘し、さらに難易度の高さゆえ一般的な認知度が低い事を指摘した[15]。しかし本作の熟練者からは名作扱いされ評価が高い事を指摘し、「もう一度本作に光が当たる日がくればと思わずにいられない」と肯定的に評価した[15]

ファミリーコンピュータ版

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計24点(満40点)[27]、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、20.09点(満30点)となっている[16]。また、同雑誌1991年5月10日号特別付録の「ファミコンロムカセット オールカタログ」では、「忍者くんの動きはとってもかわいく、敵キャラも愉快なヤツがいっぱい出てくる」とキャラクター造形に関して肯定的に評価した[16]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.84 3.41 3.15 3.37 3.18 3.14 20.09

関連作品[編集]

ゲーム[編集]

すーぱー忍者くん

パチスロ[編集]

忍者くん 妖怪絵巻
2004年にエイペックス(現:トリビー)から発売されたパチスロ機。「懐かしいファミコンのゲームキャラが復活」との触れ込みで、『初代』・『じゃじゃ丸』・『阿修羅ノ章』に似たチャンス演出、『阿修羅ノ章』に曲調の似たBGM(ビッグボーナス中)など、当時のゲームをプレイした人間にとっては懐かしく思える雰囲気を持っている。ただし、携帯電話向けの「阿修羅ノ章」などのアプリケーションでは(C)UPLの記載がある[29]のに対し、本作には同様の著作権表記が存在しない。UPLがすでに倒産していることから、版権の許諾状況が不明である。なお、「忍者くん妖怪絵巻」「忍者くん魔城伝」はトリビーが、「忍者くん」が付かない「魔城の冒険」「阿修羅の章」は個人が商標を取得していたがすべて期限切れとなっている。2019年5月現在、UPL作品の権利を所有しているハムスターが「忍者くん」の商標権を取得している(登録6144561)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 松井ムネタツ、石井ぜんじ (2017年4月19日). “よくわかるアーケードアーカイブスの歴史教科書(3):忍者くん 魔城の冒険”. AUTOMATON. アクティブゲーミングメディア. 2019年8月23日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 「1984年 忍者くん 魔城の冒険」『甦る 20世紀アーケードゲーム大全 Vol.1 アイデア満載! ユニークゲーム編』メディアパル、2019年9月30日、148頁。ISBN 9784802110372
  3. ^ a b c d e f g h 石井ぜんじ「ザ・ベストゲーム」『GAMEST MOOK Vol.112 ザ・ベストゲーム2 アーケードビデオゲーム26年の歴史』第5巻第4号、新声社、1998年1月17日、 94頁、 ISBN 9784881994290
  4. ^ 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店、1991年5月10日、 35頁。
  5. ^ ボーダフォンライブ!で"忍者くんワールド"が4月13日オープン!” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA (2005年4月4日). 2018年12月29日閲覧。
  6. ^ 懐かしすぎて思わず涙が…… 『忍者くん魔城の冒険』がiモードに” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA (2006年7月20日). 2019年1月3日閲覧。
  7. ^ バーチャルコンソールに『アトランチスの謎』や『忍者くん 魔城の冒険』などが追加” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA (2008年11月28日). 2020年1月3日閲覧。
  8. ^ 「バーチャルコンソール」「Wiiウェア」12月9日配信開始タイトル” (日本語). iNSIDE. イード (2008年12月8日). 2020年1月3日閲覧。
  9. ^ ginger (2008年12月9日). “懐かしの名作「忍者くん 魔城の冒険」,バーチャルコンソールで本日配信開始” (日本語). 4Gamer.net. Aetas. 2020年1月3日閲覧。
  10. ^ PS4“アーケードアーカイブス”始動! 『クレイジー・クライマー』、『忍者くん魔城の冒険』、『アルゴスの戦士』が配信開始” (日本語). 電撃オンライン. KADOKAWA (2014年5月15日). 2020年1月3日閲覧。
  11. ^ 津久井箇人 a.k.a. そそそ (2014年5月15日). “PS4「アーケードアーカイブス」配信開始 ― 『クレイジー・クライマー』『忍者くん 魔城の冒険』『アルゴスの戦士』の3本” (日本語). iNSIDE. イード. 2020年1月3日閲覧。
  12. ^ Ninja-Kun: Majō no Bōken (2015) PlayStation 4 release dates” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2018年12月29日閲覧。
  13. ^ Switchに『忍者くん 魔城の冒険』と『サムスピ 斬紅郎無双剣』、PS4&Xbox Oneに『KOF '99』が登場” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA (2018年4月4日). 2020年1月3日閲覧。
  14. ^ 緑里孝行 (2018年4月4日). “Nintendo Switch用「アーケードアーカイブス 忍者くん 魔城の冒険」、配信日決定” (日本語). GAME Watch. インプレス. 2020年1月3日閲覧。
  15. ^ a b c d 「1987年 忍者くん 阿修羅ノ章」『甦る 20世紀アーケードゲーム大全 Vol.2 アクションゲーム・シューティングゲーム熟成期編』メディアパル、2019年12月20日、76頁。ISBN 9784802110419
  16. ^ a b c d 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店、1991年5月10日、 55頁。
  17. ^ 北村孝和 (2004年2月3日). “ケイブ、iモードとVフォンで新作アプリを2月2日から配信「忍者くん~阿修羅ノ章~」、「ぐわんげDX」、「続ぐわんげ」” (日本語). GAME Watch. インプレス. 2018年12月29日閲覧。
  18. ^ あの『忍者くん』が堂々復活! 第1作目など全4タイトルが配信” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA (2006年9月27日). 2018年12月29日閲覧。
  19. ^ 滝沢修 (2009年5月18日). “ジャレコ、Wii「忍者くん 阿修羅ノ章」、「忍者くん」シリーズの続編がバーチャルコンソールで登場” (日本語). GAME Watch. インプレス. 2020年1月3日閲覧。
  20. ^ 「バーチャルコンソール」「バーチャルコンソールアーケード」「Wiiウェア」5月19日配信作品” (日本語). iNSIDE. イード (2009年5月18日). 2020年1月3日閲覧。
  21. ^ 往年の名作『忍者くん 阿修羅ノ章』がバーチャルコンソールに” (日本語). 電撃オンライン. KADOKAWA (2009年5月18日). 2020年1月3日閲覧。
  22. ^ 『忍者くん 阿修羅ノ章』がPS4で遊べる! “アーケードアーカイブス”で1周年記念キャンペーン実施” (日本語). 電撃オンライン. KADOKAWA (2015年6月5日). 2020年1月3日閲覧。
  23. ^ Rad Action (2015) PlayStation 4 release dates” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2018年12月29日閲覧。
  24. ^ 今藤祐馬 (2018年10月17日). “「アーケードアーカイブス 忍者くん 阿修羅ノ章」Nintendo Switchにて配信決定” (日本語). GAME Watch. インプレス. 2018年12月29日閲覧。
  25. ^ アーケードアーカイブス「忍者くん 阿修羅ノ章」,Nintendo Switchで10月18日に配信開始” (日本語). 4Gamer.net. Aetas (2018年10月17日). 2018年12月29日閲覧。
  26. ^ 忍者くん 阿修羅ノ章” (日本語). アーケードアーカイブス. ハムスター. 2018年12月29日閲覧。
  27. ^ a b 忍者くん 阿修羅の章 まとめ [ファミコン]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2016年1月14日閲覧。
  28. ^ 株式会社QBQ編 『スーパーファミコンクソゲー番付』マイウェイ出版発行、2017年。ISBN 9784865117097 p110
  29. ^ iゲーム大好き! アクションゲーム - BOTHTEC MOBILE(2009年8月13日時点のアーカイブ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]