忍全功

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
忍 全功
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 奈良県
生年月日 (1949-01-14) 1949年1月14日(69歳)
身長
体重
174 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1966年 第1次ドラフト2位
初出場 1973年
最終出場 1975年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

忍 全功(しのぶ ぜんこう、1949年1月14日 - )は、奈良県出身の元プロ野球選手。ポジションは三塁手

来歴・人物[編集]

御所工高では主将をつとめ、攻走守にバランスの取れた選手として知られる。三番打者・二塁手として1966年春の選抜に出場。2回戦(初戦)で金沢高に敗退[1]。同年夏の甲子園県予選でも決勝に進むが、郡山高植村秀明投手に0-1で完封負け、紀和大会への出場権を獲得できなかった。

社会人野球日立製作所への就職が決まっていたものの、1966年の第1次ドラフト2位で指名され、大洋ホエールズへ入団。なかなか一軍へ上がれず、1973年太平洋クラブライオンズへ移籍し、この年に一軍の試合に初出場。1975年にはプロ初ヒットを記録するが、同年限りで引退した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1973 太平洋 4 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1974 1 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 ---- 1.000 ---- 1.000
1975 12 2 2 1 1 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 .500 .500 .500 1.000
通算:3年 17 6 4 1 1 0 0 0 1 0 1 0 0 0 2 0 0 0 0 .250 .500 .250 .750

背番号[編集]

  • 34 (1967年)
  • 67 (1968年 - 1972年)
  • 43 (1973年 - 1975年)

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目[編集]