忌み言葉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

忌み言葉(いみことば)とは、忌みはばかって使用を避ける語[1]。忌詞[1]、忌み詞、忌言葉とも[2]

[編集]

特定の場面における忌み言葉の例を挙げる。

婚礼
去る[1]、切る[1]、帰る[1]、離れる、戻る。
終わる - 披露宴の「終了」を「お開き」と言い換える。
受験
滑る、落ちる、転ぶ、躓(つまず)く。
賭け事、料理

 外れて負けて損するのを忌み嫌い

「擦る」を「当たる」と言い換える。

スルメ」を「アタリ(当り)メ」と言い換える。

擦る - 「すり鉢」を「アタリ(当り)バチ」と言い換える。
一般
梨 - 「なしの実」を「ありの実」と言い換える。
猿 - 「去る(失う)」を「得手(手に入れる)から「エテ公」と言い換える。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 広辞苑 第六版 「忌詞」
  2. ^ 忌み言葉・忌み詞・忌言葉 - kotobank

関連項目[編集]