心は孤独な狩人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

心は孤独な狩人』(The Heart Is a Lonely Hunter)は1940年に発表されたカーソン・マッカラーズ長編小説。タイトルはフィオナ・マクラウドの詩『孤独な狩人』の「わたしの心は孤独な狩人、寂しい丘に狩りをする」という一節から取られた。

邦訳は1972年河野一郎訳で新潮文庫から刊行され、長らく古書価が高沸した状態が続いていたが、2020年になって村上春樹による新訳が刊行された。

1968年には『愛すれど心さびしく』のタイトルで映画化されている(原題は本書と同じ)。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]