徳永喜久夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
徳永 喜久夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県
生年月日 (1931-09-01) 1931年9月1日(87歳)
身長
体重
167 cm
66 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1951年
初出場 1951年
最終出場 1958年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 中日ドラゴンズ (1960 - 1961)

徳永 喜久夫(とくなが きくお、1931年9月1日 - )は、愛知県出身の元プロ野球選手。ポジションは投手。投法はサイドスロー

来歴・人物[編集]

瑞陵高では、エースとして高校同期の一柳忠尚とバッテリーを組み、1950年春夏の甲子園に出場。春の選抜は1回戦で北野高に惜敗[1]夏の選手権も1回戦で小倉高に敗退[2]

1951年名古屋ドラゴンズへ入団。3年目の1953年に48試合に登板、9勝10敗を記録し、防御率も2.62でリーグ5位の成績だった。翌1954年は11勝と初の2桁勝利を挙げ、チーム初のリーグ優勝に貢献した。西鉄ライオンズとの日本シリーズでも1試合に登板。翌1955年も12勝を挙げて、2年連続の2桁勝利を記録。1958年限りで引退し、1959年から中日のコーチを2年間務めたが、コーチ業と並行して東海テレビ放送(フジテレビ系列)の解説者としても活動した(出典:読売新聞・大阪版、中国新聞、1959年8月9日(日曜日)、7ページ、テレビ・ラジオ欄。TBS系列の広島対巨人戦(中国放送制作・裏送り)の予備カードとして編成された中日対阪神戦に解説者として出演。この年の日曜ナイターでは、東海テレビはTBS系列にナイターを配信し、本来TBS系列の中部日本放送は日本テレビ系列に配信していた)。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1951 名古屋
中日
13 7 2 0 0 3 2 -- -- .600 212 50.2 46 6 17 -- 1 19 0 0 28 23 4.06 1.24
1952 10 2 0 0 0 0 0 -- -- ---- 86 18.2 20 4 7 -- 1 8 0 0 15 12 5.68 1.45
1953 48 17 5 2 0 9 10 -- -- .474 775 189.0 166 8 45 -- 7 36 0 0 74 55 2.62 1.12
1954 28 23 5 0 0 11 7 -- -- .611 582 140.0 127 7 39 -- 3 42 1 0 64 50 3.21 1.19
1955 29 23 8 3 1 12 9 -- -- .571 663 166.0 141 9 45 8 4 42 1 0 56 42 2.28 1.12
1956 25 21 6 4 2 8 10 -- -- .444 526 131.0 124 8 24 2 3 41 1 0 51 44 3.02 1.13
1957 12 3 0 0 0 1 0 -- -- 1.000 124 32.0 25 5 9 0 0 13 0 0 14 13 3.66 1.06
1958 5 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 20 4.1 5 0 1 0 0 3 1 0 1 1 1.80 1.38
通算:8年 170 96 26 9 3 44 38 -- -- .537 2988 731.2 654 47 187 10 19 204 4 0 303 240 2.95 1.15
  • 名古屋(名古屋ドラゴンズ)は、1954年に中日(中日ドラゴンズ)に球団名を変更

背番号[編集]

  • 26 (1951年 - 1958年)
  • 65 (1959年)
  • 61 (1960年)

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]