徳川斉敦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
徳川斉敦
時代 江戸時代後期
生誕 安永9年11月21日1780年12月16日
死没 文化13年9月4日1816年10月24日
改名 好之助(幼名)、斉敦
戒名 厳恭院
官位 従三位・左近衛権中将、民部卿
参議贈権中納言
幕府 江戸幕府
氏族 一橋徳川家
父母 父:徳川治済、母:於富(岩本氏、慈徳院)
兄弟 家斉治国黒田斉隆雄之助斉匡
斉敦松平義居久之助本之丞
正室:二条治孝の娘・保子
備千代斉礼信之助
幹姫(有馬頼徳正室)、
英姫島津斉彬正室)、国子(奥平昌暢正室)

徳川 斉敦(とくがわ なりあつ)は、江戸時代御三卿一橋徳川家の第3代当主。

安永9年(1780年)11月21日、第2代当主・治済の六男として生まれる。寛政5年(1793年4月8日に一橋家の世子だった兄・治国が死去したため、同年6月6日に代わって世子となる。同日に元服し、兄の第11代将軍・家斉から偏諱を受けて斉敦と名乗り、従三位・左近衛権中将兼民部卿に叙任される。

寛政10年(1798年11月23日左大臣二条治孝の娘・保子と婚姻する。寛政11年(1799年1月27日に父・治済の隠居を受けて家督を相続する。文化5年(1808年12月1日に参議に任じられた。

文化13年(1816年)9月4日に死去した。享年37。法号は厳恭院。文政5年(1822年8月9日権中納言が追贈された。跡を次男・斉礼が継いだ。

趣味は絵画で、その作品が今も現存している。

外部リンク[編集]

出典[編集]

  • 『徳川諸家系譜3』