徳川おんな絵巻 (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

徳川おんな絵巻(とくがわおんなえまき)は、江戸時代、徳川幕政下における全国の諸藩の奥向き(各藩の大奥にあたる)にまつわるストーリーを綴る連続時代劇テレビドラマ

1話2回で完結が基本構成(1回で完結も若干あり)。「宇都宮城吊り天井」「加賀騒動」「妲己のお百」「榊原高尾」など各地の大名家の城を舞台にした事件や、「鏡山旧錦絵」「重乃井子別れ」など歌舞伎人形浄瑠璃の演目を原作にした話など、各話とも藩主やその奥向きの話が殆んどだが、必ずしも藩主とその正室・側室や奥向きの話が中心ではなく、また実在しない人物の登場や、関係した実在人物の生没時期が史実と異るなど、史実の一部に逸話や創作部分を絡めた設定構成になっている。語り役は前半39回分が杉村春子、後半13回が村松英子

フジテレビ系列で1970年10月~1971年9月に60分枠(本編+予告編部約48分)全52話で放映。「大奥(1968年版)」、「大坂城の女」に引き続き、大奥シリーズ3部作の最後の作品として関西テレビ東映で製作された[1]

各話紹介[編集]

サブタイトルに続く( )内はタイトル表記上の情報ではなく劇中設定からの補足説明

  • 第17回 十八年目の浮気 (信州小諸藩牧野家編前編:慶應)
    • キャスト:森光子(於徳)、伊藤雄之助(松井郡兵衛)、近衛十四郎(中沢半次郎)、山波宏(新之助)、大原麗子(お市)、石井富子(お島)、河上一夫(花沢喜兵衛)、北村英三(小諸屋忠兵衛)、春日章良(三ッ岡伊三郎)、葵美津子(お静)、 天王寺虎之助(桜井甚兵衛)、沢村昌之助(室田助八)、杉村春子(語り)
  • 第18回 女上位の天国 (信州小諸藩牧野家編後編)
  • 第21回 雪サこんこん (遠州掛川藩→奥州棚倉藩松平家編前編:天明年間)
    ※史実で天明年間に掛川藩→棚倉藩に転封になったのは他の大名。史実の松平武元(読み名はたけちか)は館林藩→棚倉藩→館林藩で天明期前に没し、劇中設定とは異なり田沼意次とも老中在任後半期は協力関係にあった。
  • 第22回 さいはての花開く (遠州掛川藩→奥州棚倉藩松平家編後編:天明年間)
  • 第44回 復讐の女豹
    • キャスト:安田道代(千鶴)、杉良太郎(霞の小太郎)、長門勇(鷹取左太夫)、田口計(雲見の夜叉丸)、長島隆一(板倉)、宮口二朗(名張の猪十)、唐沢民賢(勘兵衛)、古城門昌美(少女時代の千鶴)、市川裕二(研ぎ屋の老爺)、志賀勝(犬八)、川谷拓三(弥太蔵)、志茂山高也、河村有紀(夕霧太夫)、村松英子(語り)
  • 第45回 姿なき殺人

放映ネット局[編集]

※は遅れネット

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「大奥シリーズ3部作」は当初から既定路線としてあったものではなく、あくまで後年に定義付けがされたもので、従って「シリーズ最後の作品」も同様に後年定義の結果論によるもの。
フジテレビ 土曜22:30-23:30
前番組 番組名 次番組
徳川おんな絵巻