徳妃張氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

徳妃張氏 (とくひ ちょうし、891年 - 915年)は、五代十国時代後梁の第3代皇帝朱友貞の妃嬪(元は正室)。

父の張帰覇後梁の功臣であったことにより、均王朱友貞(後の後梁末帝)に正室として嫁いだ。

913年に朱友貞が即位したが、冊封することはなかった。915年、病状が重篤となった際に徳妃に封ぜられたが、同日に病死していた。

新五代史の記述[編集]

新五代史』(巻十三 梁家人伝第一)

末帝徳妃張氏、其父帰霸、事太祖為梁功臣。帝為王時以婦聘之。帝即位、將冊妃為后、妃請待帝郊天、而帝卒不得郊。貞明元年、妃病甚、帝遽冊為徳妃、其夕薨、年二十四。