徳大寺公保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
徳大寺公保
時代 平安時代後期
生誕 長承元年(1132年
死没 安元2年9月25日1176年10月29日
官位 正二位権大納言
主君 鳥羽上皇崇徳天皇近衛天皇後白河天皇二条天皇六条天皇高倉天皇
氏族 徳大寺家
父母 父:徳大寺実能
母:藤原通季娘・廊御方
兄弟 幸子公能公親公保、能慶、公雲、円実、公全、公性、公重、春日局
養兄弟:育子
実保、隆保、実基、実進、松殿基房室、女子
テンプレートを表示

徳大寺 公保(とくだいじ きんやす)は、平安時代後期の公卿左大臣徳大寺実能の三男。官位正二位権大納言

経歴[編集]

以下、『公卿補任』と『尊卑分脈』の内容に従って記述する。

保延2年(1136年)1月6日、従五位下に叙される[1]。保延5年(1139年)1月24日、侍従に任ぜられる。康治3年(1144年)1月5日、従五位上に昇叙。久安5年(1149年)3月13日、正五位下に昇叙[2]。同年4月15日、右近衛権少将に任ぜられる。久安6年(1150年)1月29日、備中権介を兼ねる。同年3月14日、皇后宮権亮を兼ねる。久安7年(1151年)1月6日、従四位下に昇叙。仁平元年(1151年)2月21日、権亮を辞す。同年7月27日、左近衛権少将に転任。仁平2年(1152年)1月3日、従四位上に昇叙(行幸時の院の賞。統子内親王給。)。久寿2年(1155年)1月6日、正四位下に昇叙[3]保元元年(1156年)9月17日、右近衛権中将に転任。同年11月28日、皇太后宮権大夫を兼ねる。保元2年(1157年)8月3日、禁色を許される。

保元2年(1157年)10月27日、従三位に叙される[4]。中将を止めるが、皇太后宮権大夫は元の如し。保元3年(1158年)2月3日、太皇太后宮権大夫に転任。同年11月27日、右兵衛督に任ぜられる。同年12月17日、正三位に昇叙[5]

永暦元年(1160年)2月28日、参議に任ぜられる。太皇太后宮権大夫は元の如し。同日、右兵衛督から左兵衛督に転任。応保元年(1161年)1月23日、伊予権守を兼ねる。応保2年(1162年)10月28日、右衛門督に転任。長寛3年(1165年)1月23日、権中納言に任ぜられる。太皇太后宮権大夫、右衛門督は元の如し。同年4月1日、検非違使別当に補されるが、8月17日には右衛門督と検非違使別当を辞した[6]永万2年(1166年)7月5日、勅授を許される。同年10月21日、太皇太后宮権大夫から大夫に転任。仁安2年(1167年)1月28日、従二位に昇叙。同年2月11日、権大納言に任ぜられる。太皇太后宮大夫は元の如し。嘉応2年(1170年)1月7日、正二位に昇叙[7]安元2年(1176年)、権大納言を辞退し8月13日に出家[8]。9月27日、薨去。享年45。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 統子内親王給。前年の未給分。
  2. ^ 院御給。
  3. ^ 新院御給。
  4. ^ この時、父・実能の薨去により喪に服していた。
  5. ^ 二条天皇即位時による。
  6. ^ 息男実保を侍従に挙任のため。
  7. ^ 前年の行幸時の賞。
  8. ^ 病のため。

参考文献[編集]

  • 公卿補任』(新訂増補国史大系)吉川弘文館 黒板勝美、国史大系編集会(編) ※ 保元2年(1157年)に公保が非参議従三位となった時以降の記事。
  • 尊卑分脈』(新訂増補国史大系)吉川弘文館 黒板勝美、国史大系編集会(編) ※「藤原公保」の項。
  • 角田文衛、『待賢門院璋子の生涯 ー 椒庭秘抄』、朝日選書281、朝日新聞社