徳光パーキングエリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
徳光PAから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
徳光パーキングエリア
徳光スマートインターチェンジ
Tokumitsu PA 2019-02.jpg
徳光パーキングエリア(下り線・新潟方面)
所属路線 E8 北陸自動車道
IC番号 15-1
料金所番号 01-586
本線標識の表記 徳光
起点からの距離 164.6 km(米原JCT起点)
美川IC (4.3 km)
(5.3 km) 白山IC
接続する一般道 石川県道25号金沢美川小松線(市道経由)
供用開始日 1972年昭和47年)10月18日 (PA)
2006年平成18年)10月1日 (SIC)
通行台数 1,693台/日(2010年度)
スマートIC 24時間
上り線事務所 7:00 - 19:30
下り線事務所 7:00 - 20:30
所在地 924-0071
石川県白山市徳光町
備考 ETC専用インターチェンジ
ハイウェイオアシス併設
国土開発幹線自動車道の起点は新潟中央JCT
テンプレートを表示
徳光PAの形状。ただし、隣接するハイウェイオアシスにあたる描写が省略されている。画像左は美川IC方面、画像右は金沢西IC方面。2009年(平成21年)撮影。

徳光パーキングエリア(とくみつパーキングエリア)は、石川県白山市徳光町にある北陸自動車道パーキングエリアである。徳光スマートインターチェンジを併設する。

上り線・下り線を行き来できる歩行者専用の連絡橋(「ラブリッジまっとう」)がある。また、エリア内にスマートインターチェンジが設置されている。

徳光ハイウェイオアシス(松任海浜公園)が隣接しており、一般道石川県道25号金沢美川小松線)からも利用できる。以前は上り線側に商業施設(「まっとう車遊館」、のち「はくさん街道市場」)があったが、二度にわたり運営会社が倒産するなど、経営状況が急速に悪化、同施設は2019年8月末限りで完全閉鎖、解体されることに決まった。跡地利用については、新たに同施設の土地建物を取得した不動産業者により、2020年8月頃をめどに、新たな施設を開業する旨の告知がされているものの、現時点では具体的なことは何も発表されていない。

道路[編集]

施設[編集]

上り線(福井・米原方面)[編集]

上り線・米原方面

下り線(金沢・富山・新潟方面)[編集]

  • 駐車場
    • 大型 25台
    • 小型 34台
  • トイレ
    • 男性 大4・小12
    • 女性 15
    • 車椅子用 1(オストメイト対応)
  • 1階
    • 金澤8キッチン里海店(フードコート・ショッピング、7:00 - 20:30) - 上り線の「里山店」同様、2017年からハチバンが運営。同年7月14日にリニューアルオープンして店舗名を変更した[1][2][3]
    • コインシャワー(9:00 - 18:00)
  • 2階
    • 休憩スペース
  • コンビニエンスストア(デイリーヤマザキ徳光PA(下り)店、24時間)
  • 喫煙室
  • 自動販売機
  • バス停留所
  • スマートIC(24時間)
  • ぷらっとパーク(24時間)

徳光バスストップ 「松任海浜公園」[編集]

PA内に設置されている高速バス停留所。実際のバス停名は松任海浜公園パークアンドライドが可能とあって、頻繁に利用がある。上り線乗り場では大阪・京都(北陸道グラン昼特急大阪号・百万石ドリーム大阪号金沢 - 大阪線)・名古屋(北陸道特急バス)・小松空港ゆきに、下り線乗り場では渋谷・八王子ゆき、北陸ドリーム四国号(徳島・高松・高知方面)に、それぞれ乗車できる。

  • アクセスはJR松任駅からコミュニティバスめぐーる」北西コースで「海浜温泉」バス停下車(1日5便。ただし、土曜日・日曜日および祝日は運休)。もしくはJR金沢駅・松任駅から北陸鉄道グループの北鉄金沢バスで「千代野ニュータウン」バス停[4]下車、徒歩20分。松任駅からタクシーでは10分。
  • 白山市による高速バス利用者専用駐車場(無料)が設けられている。ただし、場所は「松任海浜温泉」の駐車場の一角で、バス停からは離れたところにあるので、注意が必要である。

以前はバス停に近い駐車場に駐車出来たが、現在は松任海浜公園利用者の駐車場として提供されており、白山市側もその旨掲示を出している。

徳光スマートインターチェンジ[編集]

下り線出口

2005年(平成17年)4月11日から2006年(平成18年)9月30日までの期間で社会実験を経た後、2006年(平成18年)10月1日から運用時間を限定して本格導入。2007年(平成19年)12月24日まで工事のため閉鎖されていたが、2007年(平成19年)12月25日より運用が再開されている。

2011年(平成23年)3月18日からは、これまで6時から22時までの運用を24時間に変更して運用している。

運用形態など[編集]

  • 運用形態:ETC専用(一旦停止型)、福井および富山方面のフルIC
  • 運用時間:24時間
  • 対象車種:ETC車載器を搭載した下記の車種
    • 上り(米原方面):軽自動車・普通車・中型車・大型車・特大車(車長12m以内)
    • 下り(新潟中央方面):軽自動車・普通車(車長6m以内)
      • 下りの対象車種が上りより限定されているのは、北陸道の下を横断する通路(白山市道H9号線)に制限があるため(幅4.0m、高さ3.4m)。
  • 接続道路:石川県道25号金沢美川小松線(市道経由)

[編集]

E8 北陸自動車道
(15)美川IC - (15-1)徳光PA/スマートIC - (15-2)白山IC - (16)金沢西IC

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “北陸自動車道 徳光パーキングエリア上下線グランド(リニューアル)オープン” (プレスリリース), ハチバン, (2017年6月30日), https://www.hachiban.co.jp/news/2017/20170630_01/ 2019年8月21日閲覧。 
  2. ^ a b “E8北陸道のパーキングエリアが続々リニューアルオープン!” (プレスリリース), 中日本エクシス, (2017年6月30日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000188.000005505.html 2019年8月21日閲覧。 
  3. ^ a b “「8番らーめん」のハチバン、高速PA初出店 北陸のソウルフード「野菜らーめん」提供”. 乗りものニュース. (2017年7月5日). https://trafficnews.jp/post/75146 2019年8月21日閲覧。 
  4. ^ 当PAに隣接するCCZ松任海浜温泉まで乗り入れていた、金沢駅発着、松任駅経由のバス路線は2008年(平成20年)に廃止されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]