徳丹城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
徳丹城
岩手県
城郭構造 古代城柵
築城主 大和朝廷
築城年 弘仁2年(811年)
廃城年 不明
遺構 政庁跡など
指定文化財 国の史跡「徳丹城跡」
位置 北緯39度36分28.1秒
東経141度10分20.8秒
座標: 北緯39度36分28.1秒 東経141度10分20.8秒
地図
徳丹城の位置(岩手県内)
徳丹城
徳丹城

徳丹城(とくたんじょう/とくたんのき)は、現在の岩手県紫波郡矢巾町徳田にあった日本の古代城柵1969年昭和44年)8月5日に国の史跡に指定されている[1]

概要[編集]

「徳丹城」は、もともとあった志波城盛岡市)を、水害を理由に弘仁2年(811年)、文室綿麻呂の建議により、翌年の3月頃南10キロメートルに移転・造営したものである。

沖積平野の微高地(低台地)に立地し、約350メートル四方の規模である。材木列で周囲を囲み、70メートル - 80メートルの間隔でを建てていた。内部には官衙建物群があり、志波城の政治機能を引き継いだものと考えられる。

しかし志波城と比べて城郭の規模は縮小されており、築地も北側にしかない。さらに弘仁6年(815年)には配置されていた鎮兵500人が廃止され、正規軍が配置されなくなる。しかし徳丹城自体は9世紀半ばまで使用されていた形跡があり、律令国家に協力的な俘囚の軍が配置されていたと考えられている。

志波城の移転・徳丹城の造営・徳丹城の廃止の一連の流れは、この時期の律令国家の強硬政策の転換として、熊谷公男や鈴木拓也らが取り上げている。

2006年7月31日に徳丹城跡内の井戸跡で、国内初となる木製のが発見されていたことが9月13日に矢巾町教育委員会から報道機関に公表された。過去の文献には木製兜の存在が記されており、その数も非常に多いと推定されていたものの、木材は腐食しやすく出土した例が無かった。

また、1971年頃に徳田小学校旧校舎を取り壊した際、建築廃材(コンクリート片)がそのまま徳丹城跡に埋められ、史跡が385平方メートル(2007年7月26日現在判明分)に渡って損傷していたことも明らかになった。

敷地内に、矢巾町歴史民俗資料館、南部曲り家を併設し、史跡公園として現在整備が進められている。

名称[編集]

城名は、元来「トクタン」ではなく「トコタン」と呼ばれていたが、後に「徳丹」の漢字が当てられることによって「トクタン」として定着したと見られる。史跡の所在地である「徳田」も、この「徳丹」と同義であろう。 「トコタン」の語はアイヌ語に由来すると言う説があり、アイヌ語では「元の村」、「滅んだ村」の意味になる。

脚注[編集]

  1. ^ 徳丹城跡 - 国指定文化財等データベース(文化庁

参考文献[編集]

  • 池野恋漫画・挿絵 矢巾町歴史民俗資料館シナリオ・解説・編集・監修 『徳丹城造営千二百年記念図録 漫画で知る徳丹城の歴史 徳丹城の冒険 僕別将に会ったよ』 矢巾市教育委員会、2013年3月31日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]