微軟雅黒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
微软雅黑
MSYH.svg
様式 ゴシック体
デザイナー 北大方正電子有限公司、モノタイプ・イメージング
制作会社 マイクロソフト
Microsoft YaHei.png
サンプル

微軟雅黒簡体字: 微软雅黑; 拼音: Wēiruǎn Yǎhēi英語: Microsoft YaHei日本語発音:ウェイルヮン ヤーヘイ)は、Microsoft Windowsに標準で搭載されている簡体字中国語フォントである。北大方正電子有限公司(Beijing Founder Electronics Co. Ltd.)によって開発され、モノタイプ・イメージング社の手で微調整が施されている。OpenType規格でゴシック体に属し、ClearTypeに対応している。Vista以降のWindowsに標準搭載され、簡体字中国語環境においてデフォルトフォントとなっている。

構成[編集]

このフォントはGB 18030をサポートするため、 UnicodeのCJK統合漢字CJK統合漢字拡張Aの全漢字2万7496字と、中国国家標準化管理委員会が追加した約80字の漢字を含み、GB 2312の簡体字をはじめとする文字のほか、Big5繁体字もカバーする。

初期バージョンでは通常のウェイト(太さ)のレギュラーと太字のボールドとで構成され、TTF形式であった。2012年のWindows 8ユーザインタフェース用の「Microsoft YaHei UI」が追加された。2013年、Windows 8.1に附属したバージョン6.14(ボールドはバージョン6.12)に細字のライト(バージョン1.01)が加わり、TTC形式に変更された。2017年のWindows 10 Fall Creators Updateで、大きな変更が加えられた。更新版となるバージョン6.25(ライトはバージョン6.23)では中国語の句読点類(標点符号)の位置とフォントヒンティングの調整が行われ、通用規範漢字表に対応するために漢字が199字追加された[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 玄隐 (2017年8月17日). “Win10秋季创意者更新:这些微软雅黑字体新改进你发现了吗?” (中国語). IT之家. 2020年8月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]