微信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
微信
WeChat
WeChat logo.png
開発元 テンセント
最新版 iPhone - 6.2.3
Android - 6.3.16
Windows Phone - 6.0.4
BlackBerry - 3.6
BlackBerry 10 - 3.0
Symbian V3/V5 - 4.6
Symbian S40 - 2.0
対応OS iOS(iPhoneにインストールのみ)
Android
Windows Phone 8
BlackBerry OS/BlackBerry 10
Symbian V3/V5
対応言語 中国語英語インドネシア語マレー語スペイン語韓国語イタリア語日本語ポーランド語ポルトガル語ロシア語タイ語ベトナム語アラビア語ヒンディー語ヘブライ語トルコ語ドイツ語フランス語 [1][注釈 1][2]
サポート状況 継続中
種別 インスタントメッセンジャー
ライセンス フリーウェア
公式サイト https://www.wechat.com/ja/
テンプレートを表示

微信Zh-weixìn.ogg Wēixìn ウェイシン、英語: WeChat ウィーチャット)とは、中華人民共和国大手IT企業テンセント(中国名:騰訊)が作った無料インスタントメッセンジャーアプリである。「微信」とは、微少の文字数の手紙を意味する[3]

概要[編集]

企画は2010年10月にテンセント広州企画研究センターで始まった[4]2011年1月21日に中国でサービス開始[5]。同年4月、海外向けに"WeChat"として展開された。テンセントが以前より提供していたインスタントメッセンジャーテンセントQQの発展型として、メッセンジャー機能とソーシャル・ネットワーキング・サービス機能の融合が特徴と評される[3]金盾の影響を受けない。

世界版であるWeChatでは、Facebookアカウントでの登録が可能である。テンセントは、豊富な資金力を背景にWeChatの海外展開を進めているとされ、世界的各地に遍在する中国人ユーザーからの紹介も、普及の一助になっていると言われる[3]

WeChatのイメージキャラクターに、FCバルセロナ所属のサッカー選手であるメッシが起用され、2013年7月より南米、ヨーロッパ、アフリカ、アジア地域の15カ国でテレビCMが放映された[6]

利用状況[編集]

2015年2月の同社発表によると登録ユーザー数は11億2,000万人(以降、テンセントは登録ユーザー数を公表していない)。また、20以上の言語版があり、200の国と地域をカバー、70を超える国と地域でナンバーワンのソーシャルアプリであるという[7]。2016年第1四半期における月間アクティブユーザー数が7億6,200万人に到達し、前期比29%増であると発表された[8]

機能[編集]

競合するメッセンジャーアプリ「LINE」や「カカオトーク」とほぼ同じ機能が並んでおり、文字・音声・写真・動画・表情・グループチャットなどコミュニケーション機能を有する[9]。また、バージョン5.0よりモバイル決済機能も追加された[10]が日本では利用できない。

微信支付(WeChat Pay payment)[編集]

微信支付: WeChat Pay payment)とは、2013年8月から中国で開始されたスマホ決済サービスである[11]。銀行口座情報を登録したユーザーが、微信支付を導入した店舗等の商品やサービスの支払い、もしくは他のユーザーへの送金等をアプリ経由でできるサービスである。

2015年7月、今月中に日本でサービスを提供すると発表し、日本の百貨店などに導入された[12][13]

電子マネー大国の中国を旅行する時、中国のオンラインショップで買い物する時、WeChatPayやアリペイは大変便利でもはや必須といえるでしょう。2017年9月末現在、WeChatPayは、日本のクレジットカードや銀行振込でチャージすることはできない。

すでにWeChatPay使っている人に送金してもらうのも簡単な方法ですが、なかなかそう都合よくいかないのが現状である。外貨を、電子マネーや各種ギフト券等に交換してくれるサービス、ポケットチェンジを利用すれば、WeChatPayに現金でチャージすることができる[14]

出来事[編集]

ロシアでの通信規制 
2017年5月6日、ロシアの通信・情報技術・マスコミュニケーション監督局英語版(通称:ロスコムナゾール)は、同社が「インターネット上の情報配信の主催者」の連絡先を提出しなかったため、アクセスを4日に遮断したと明らかにした[15][16]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ iTunes の App Store

出典[編集]

  1. ^ 微信(WeChat)普及状況マップ インド、タイ、マレーシアへの普及が顕著
  2. ^ WeChat for PC
  3. ^ a b c LINE最大のライバルWeChat - Tech-On! 2013年5月23日(日経BP
  4. ^ Loretta Chao , Paul Mozur (2012年11月19日). “Zhang Xiaolong, Wechat founder”. The Wall Street Journal. http://cn.wsj.com/gb/20121119/tec072332.asp 2012年12月2日閲覧。 
  5. ^ 微信 1.0 for iPhone(测试版) 全新发布”. 微信. 2016年12月17日閲覧。
  6. ^ 微信(WeChat)の海外ユーザーが7,000万人を突破 新たなイメージキャラクターにはメッシを起用
  7. ^ WeChat(微信)の登録アカウント数が11億人に到達 - THE BRIDGE 2015年2月4日(THE BRIDGE)
  8. ^ TENCENT ANNOUNCES 2016 FIRST QUARTER RESULTS - Tencet For Immediate Release 2016年5月18日
  9. ^ WeChat
  10. ^ WeChat、中国におけるソーシャル×キャッシュレスなモバイル決済を目指す - THE BRIDGE 2013年10月9日(THE BRIDGE)
  11. ^ 中国テンセントがスマホ決済「WeChat Pay」の日本戦略、「国境をまたぐO2Oツールに」(日経コンピューター)
  12. ^ モバイル決済サービス「微信支付」、日本上陸へ(国立研究開発法人 科学技術振興機構 中国総合研究交流センター)
  13. ^ 中国で最も人気のあるモバイル決済「微信支付(WeChat Pay)」、日本で中国人旅行者向けに普及本格化SBIサーチナ
  14. ^ “WeChatPayに日本で最も簡単に入金する方法 - チャイナパス : ChinaPASS” (日本語). チャイナパス : ChinaPASS. (2017年9月30日). https://chinapass.jp/2017/reports/the-easiest-way-to-charge-wechatpay/ 2018年9月13日閲覧。 
  15. ^ ロシア、中国のメッセージアプリ「ウィーチャット」を遮断ロイター
  16. ^ ロシア、中国の通信アプリ「微信」も規制 利用情報提供せず(産経新聞)
  17. ^ http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1502/28/news019.html

外部リンク[編集]