復活 (コンピュータゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

復活(ふっかつ)とは、主にアクションゲームシューティングゲームなどにおいて使用されるスラング。敵に接触する、攻撃を受けるなどでミスとなった際に、残機が残っている場合に行われる再スタートのこと。また、この再スタートからミス前の状態に態勢を立て直した場合にも、同じ言葉が使われる。

復活の方式[編集]

ゲームに採用されている一般的な復活の方式には以下の2つがある。

  1. ミスした際、ゲームの進行がいったんストップし、一定の地点、もしくはステージの最初まで戻されてゲームを再スタートするもの。
  2. ミスした際にゲームの進行状況が巻き戻されることなく、ミスしたその場、もしくは初期位置に自機が出現、そのまま操作できるようになるもの。
    • さらにその方式としては、いったんゲームが停止して操作可能になると同時にゲームの進行が再び始まる方式と、そのまま進行が続いた状態で復活する方式に分けられる。

それぞれ俗に戻り復活その場復活と呼ばれる。どちらが適用されるかはゲームによって異なるが、設定にて両者を選択できるゲームも存在する(アーケードゲームでのディップスイッチによる設定の場合、プレイヤーが選択する事は不可能)。

復活パターン[編集]

戻り復活方式のゲームの中で、自機がパワーアップするシステムを適用しているものは、復活時にそれまでのパワーアップのほとんど、または全てを剥奪される場合がある。そういった作品では、復活直後の十分なパワーアップのない状態から、的確に敵陣を突破しつつ、ゲームを有利に進められる程のパワーアップにまで状態を立て直す方法の確立が望まれ、研究が重ねられた。この流れをパターン化したものは復活パターンと呼ばれ、初期状態とパワーアップ状態の差が激しい『グラディウス』において確立されたとされる[1]

残機潰し[編集]

戻り復活のゲームの場合、ミスした地点から再スタート地点の間で高い得点が得られる場所を探し、わざとミスをすることもある。これは残機潰しと呼ばれ、残機ボーナス(クリア時点での残機数による得点ボーナス)の無い、またはその地点で得られるスコアが残機ボーナスよりも多いゲームでハイスコアを狙うための手段として行われる。多くの場合残機数が0になるまで潰し続けるのが究極のハイスコアを目指すための手段となるが例外もある。

  1. 『ポンピングワールド』では残機数が一定以上だと通常のボーナスの他に巨額の追加ボーナスがある。
  2. 『フーピー!!』では残機ボーナスが「その時点の点数を残機倍にする」なので、残機潰しを実施する回数と点数が最大値を持つ関数となるので、潰さないのも潰しすぎるのも最善ではない。

他ジャンルのゲームでの「復活」[編集]

  • ロールプレイングゲームにおいての復活は、HPが0になる等して戦闘不能に陥ったパーティーの1人が、他のパーティー等による何らかの行動により復帰する事を指す。
  • FPSなどでは、プレイヤーが倒されるとマップ上の決められた場所から再スタートされる。原則として残機は無限であり、復活のために行動不能になっている時間そのものがミスによるペナルティとなる。スポーン (オンラインゲーム)を参照。

出典[編集]

  1. ^ 『グラディウスポータブル公式ガイド』図書印刷株式会社2006年、13頁。

関連項目[編集]