御殿場中継局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
御殿場地上デジタルテレビ中継局の写真

御殿場中継局(ごてんばちゅうけいきょく)は、静岡県御殿場市に置かれている中継局である。

中継局概要[編集]

デジタルテレビ放送[編集]

リモコン
キーID
放送局 物理
チャンネル
空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面 運用開始日
1 NHK
静岡総合
20 10W 125W 静岡県 約4万100世帯 水平偏波 2008年8月25日
2 NHK
静岡教育
13 全国
4 SDT
静岡第一テレビ
29 静岡県
5 SATV
静岡朝日テレビ
14
6 SBS
静岡放送
15
8 SUT
テレビ静岡
17

所在地[編集]

  • 御殿場市中畑(滝ヶ原)付近

放送エリア[編集]

歴史[編集]

AMラジオ放送[編集]

放送局名 周波数
kHz
空中線
電力
放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
NHK
静岡第1放送
1026 100W 静岡県 約-世帯 1984年
3月8日[1]
SBS
静岡放送
1404 -

所在地[編集]

  • NHKラジオ第1放送:御殿場市永塚(柳池北東)
  • SBSラジオ:御殿場市上小林

FMラジオ放送[編集]

放送局名 周波数
MHz
空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面 運用開始日
K-mix
静岡エフエム放送
81.6 10W 12W 静岡県 約-世帯 水平偏波 -
NHK
静岡FM放送
83.8 1971年
2月6日[2]

所在地[編集]

  • 御殿場市東田中(高倉山)

放送エリア[編集]

  • AM・FMラジオ放送ともに、御殿場市および周辺地域をカバーしている。

廃止された局の概要[編集]

アナログテレビ放送[編集]

放送局名 チャンネル 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面 運用開始日 放送終了日
SUT
テレビ静岡
37[3] 映像30W/
音声7.5W[4]
映像540W/
音声135W
[要出典]
静岡県 約3万5600世帯 水平偏波 1971年
3月30日[5]
2011年
7月24日
SDT
静岡第一テレビ
41[3] 映像530W/
音声135W
[要出典]
1979年
11月9日[6]
SATV
静岡朝日テレビ
43[3] 1978年
10月19日[7]
SBS
静岡放送
45[3] 映像500W/
音声125W
[要出典]
1964年
2月16日[8][4]
NHK
静岡総合
47[3] 映像530W/
音声135W
[要出典]
NHK
静岡教育
49[3] 全国

設置されていた場所[編集]

放送エリア・補足[編集]

  • 御殿場市のほぼ全域と裾野市、駿東郡小山町の各一部地域をカバーしていた。
  • 全局2011年(平成23年)7月24日の停波もって廃止。

その他[編集]

  • 地上デジタルテレビ放送の御殿場中継局は当初、高倉山(箱根側)に別の周波数で出力30Wで設置される予定だったが、約3,200世帯で受信できず、それらの世帯では日本平デジタルタワー三島テレビ中継局のデジタル波も受信できないことがわかったことから、地上デジタルテレビ放送の御殿場中継局を中畑に設置し、混信防止のため、予定の出力と周波数が現在のものに変更された。[9]

脚注[編集]

  1. ^ 日本放送協会放送文化調査研究所放送情報調査部 『NHK年鑑'84』 日本放送出版協会、1984年、443頁。 
  2. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'71』 日本放送出版協会、1971年、247頁。 
  3. ^ a b c d e f NHK静岡放送局受信チャンネル(2002年10月2日現在のアーカイブ)オリジナルURL
  4. ^ a b 日本放送協会 編 『NHK年鑑'64』 日本放送出版協会、1964年、221頁。 
  5. ^ テレビ静岡社史編纂委員会/編 『テレビ静岡二十年の歩み』 テレビ静岡、1988年、300頁。 
  6. ^ 静岡第一テレビ社史編纂室 編纂 『静岡第一テレビ十年史』 静岡第一テレビ、1991年、279頁。 
  7. ^ 二十年史編集事務局 編 『明日へ翔ぶ : 静岡朝日テレビ二十年史』 静岡朝日テレビ、1998年、328頁。 
  8. ^ 静岡放送50年史編纂委員会/編 『静岡放送50年史』 静岡放送、2002年、256頁。 
  9. ^ 電波監理審議会会長会見用資料:資料3 (PDF)

関連項目[編集]

かつて駿東郡小山町に置かれていたアナログテレビ中継局である。