御宿友綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

御宿 友綱(みしゅく ともつな、天文15年(1546年) - 慶長11年3月21日1606年4月28日))は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将。医師でもあり、信玄の侍医を務めたといわれる。

通称は左衛門次郎。監物。妹に小山田信茂室、武田信堯室。正室は長坂光堅の娘。子に御宿政友政綱

略歴[編集]

天文15年(1546年)に生まれる。幼名は若丸。駿河の有力国人・葛山氏の一族で、今川義元に仕えた重臣・葛山氏元の甥で、葛山貞氏の孫といわれる。生母は甲斐武田氏譜代の家臣・跡部泰忠の妹とされる。

武田信玄に若くして仕え、葛山氏の一族だったことから信玄の6男で葛山氏元の養子になった葛山信貞の陣代(後見人)を務めたといわれる。晩年の信玄が病に倒れたときには、僥倖軒宗慶板坂法印)と共に医師として信玄の治療に当たったともいわれる(『甲陽軍鑑』)。天正8年(1580年)12月、子の御宿政友に家督を譲って隠居する。なお、政友は友綱の実子ではなく、葛山信貞の子だという伝説がある。

天正10年(1582年)、織田信長甲州征伐で武田氏が滅亡した後は後北条氏に仕えたが、天正18年(1590年)の小田原征伐で後北条氏も没落すると、徳川氏に仕えた。慶長11年(1606年)3月21日に死去。享年61。

関連項目[編集]