大野寺 (阿波市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
得道山灌頂院大野寺から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
大野寺 (阿波市)
所在地 徳島県阿波市市場町山野上大西63
位置 北緯34度5分10.8秒
東経134度18分5.2秒
座標: 北緯34度5分10.8秒 東経134度18分5.2秒
山号 得道山
院号 灌頂院潅頂院
宗旨 古義真言宗
宗派 高野山真言宗
本尊 大日如来
創建年天智天皇2年(663)
開基天智天皇勅願により創建
中興 嵯峨天皇
正式名 得道山灌頂院大野寺
文化財 木造大日如来坐像、銅造誕生釈迦仏立像(県指定文化財)
地図
大野寺 (阿波市)の位置(徳島県内)
大野寺 (阿波市)
法人番号 7480005003209
テンプレートを表示

大野寺(おおのでら、おおのじ)は、徳島県阿波市市場町山野上大西にある高野山真言宗の寺院である。得道山灌頂院大野寺と号す。天智天皇勅願により創建された古刹である。

歴史[編集]

天智天皇の勅願により、同天皇2年(663)に現寺域の西方、大野島御所原に創建された。その後、平安初期に嵯峨天皇の尊崇を得て、七堂伽藍が整えられた。しかし、度重なる吉野川の氾濫に被害を受け、文亀年間に現寺域の北方、山野上白坂に移転、享保年間に現在地に移転した。四国八十八ヶ所札所となっている切幡寺と土成町秋月の光福寺は、大野寺の末寺であった。

建造物[編集]

本堂、庫裏、山門、虚空蔵堂などの堂宇の他に永和元年(1375)の紀年銘のある宝篋印塔が残る。

文化財[編集]

  • 木造大日如来坐像(県文化財)
  • 銅造誕生釈迦仏立像(県文化財)

アクセス[編集]

徳島道土成ICより車で約20分

参考文献[編集]