得場地区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
得場地区
位置
DPRK2006 Pyongnam-Dukjang.PNG
各種表記
ハングル 득장지구
漢字 得場地區
発音 トゥクチャン=ジグ
ローマ字転写 Tŭkjang-jiku
テンプレートを表示

得場地区(トゥクチャンちく)は朝鮮民主主義人民共和国平安南道に属する行政区域。市・郡と同様、道に直属する。

地理[編集]

中部にある北倉郡に位置する。炭坑地帯である。

行政区域[編集]

4労働者区を管轄する。

  • カルコル労働者区(カルコルロドンジャグ)
  • 得将労働者区(トゥクチャンロドンジャグ)
  • 鳴鶴労働者区(ミョンハンロドンジャグ)
  • 甫業労働者区(ポオムロドンジャグ)

歴史[編集]

1995年平安南道北倉郡から分離し、市・郡と同等の行政区域として新設された。得場・鳴鶴・甫業・カルゴル(갈골)の4つの労働者地区から構成される[1]

年表[編集]

この節の出典[2]

得将地区(第1次)[編集]

  • 1995年8月 - 平安南道北倉郡石山里および院坪里・龍山里の各一部地域をもって、得将地区を設置。(4労働者区)
    • 龍山里の一部が分立し、甫業労働者区が発足。
    • 石山里が分割され、得将労働者区・鳴鶴労働者区が発足。
    • 院坪里および龍山里の残部が合併し、カルコル労働者区が発足。
  • 2000年1月 - 得将地区廃止。
    • カルコル労働者区・得将労働者区・鳴鶴労働者区・甫業労働者区が北倉郡に編入。

得将地区(第2次)[編集]

  • 2008年前 - 平安南道北倉郡得将労働者区・鳴鶴労働者区・甫業労働者区・カルコル労働者区をもって、得将地区を設置。(4労働者区)[3]

交通[編集]

外部リンク[編集]

[編集]

  1. ^ NKchosun
  2. ^ 득장지구
  3. ^ DPRKorea 2008 Population Census National Report, p.21