従業員満足

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
OECD各国の仕事満足度[1]

従業員満足(じゅうぎょういんまんぞく)とは、英語: Employee Satisfaction (ES) の訳語である。従業員満足度[2]とも呼ばれる。従業員の会社に対する満足度を高めることが、企業の業績を向上させる事に繋がるという考えのことを言う。

元来顧客満足度を上げることが、企業業績の向上に繋がると考えられてきたが、それだけでは従業員のモチベーションが下がり業務効率が低下する例が見られた。これに対し社員満足の向上が顧客満足につながり、ひいては業績向上による株主利益に結びつくと考えが生まれ、近年注目を浴びるようになった。


また、従業員満足度を測る指標として有効なものにeNPS[3]が挙げられる。eNPSはEmployee Net Promoter Scoreの略で、「自分の職場で働くことを、親しい人にすすめたいかどうか」を数値化したもので、従業員の会社に対する意識を把握する指標になり得る。

脚注[編集]

  1. ^ Society at a Glance 2009 (Report). OECD. (2009-05). doi:10.1787/soc_glance-2008-en. 
  2. ^ 従業員満足度(ES)とは?”. markitone.co.jp. 2021年11月25日閲覧。
  3. ^ 従業員満足度を測る指標とは?”. markitone.co.jp. 2021年11月25日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]