従属理論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

従属理論(じゅうぞくりろん)

  1. 法学における公法私法の区別についての学説(Subordinationstheorie)。
  2. 経済学社会学国際関係における学説。本欄で詳述。

従属理論(じゅうぞくりろん、dependency theory)とは、経済学社会学において提起された学説。ラウル・プレビッシュen:Raul Prebisch)の経済学構造派によって想起され、政治的発展を遂げ、提唱された。

概要[編集]

マルクス主義の影響が大きい。国際政治経済学においては、経済学政治学に対する不可避的影響を主張するものの一つである。

従来の帝国主義理論や一国単位での単線型発展モデルに対し、この理論は「先進国」の経済発展と「第三世界」の低開発をセットにして考えようとするものである。すなわち、第三世界の低開発は彼らを支配する先進国に原因があり、第三世界の近代化(資本形成)は先進国の経済発展に従属する形において行なわれる、という主張である。この問題を解決するには、前者の後者への従属を断ち切る必要があるというもの。

ポール・A・バランPolotical Economy of Growthの問題提起を受けて理論を提唱した代表的な論者がドイツ出身の経済学者アンドレ・グンダー・フランクであり、これを批判したのがアルゼンチン政治学者エルネスト・ラクラウである。また、エジプトの経済学者サミール・アミンブラジルの経済学者テオトニオ・ドス・サントスes:Theotonio Dos Santos)などによる学説がある。ブラジルの社会学者フェルナンド・エンリケ・カルドーゾ(のちブラジル大統領)は、フランクの学説をさらに洗練させた。

この主張の基底にある国際的不等価交換論を展開したのはアルジリ・エマニュエルen:Arghiri Emmanuel)である。彼は、不等価交換を2つに区別する。

そして、後者の不均等を重視して検討を行なっている。[1]

1980年代のNIESの成功で、従属理論の影響力は低下した。しかしながら、この議論はヨハン・ガルトゥング構造的暴力論に影響を与え、イマニュエル・ウォーラステイン世界システム論に引き継がれた。

脚注[編集]

  1. ^ これに反し、新古典派経済学の批判は第1次の不均等に限定されていると言われる

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 代表的な論者の著作は個々の本人記事中の著作一覧を参照。

外部リンク[編集]