後藤真希プレミアムベスト (1)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「後藤真希プレミアムベスト①」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
後藤真希プレミアムベスト①
後藤真希ベスト・アルバム
リリース
録音 -
ジャンル ポップス
時間
レーベル PICCOLO TOWN
プロデュース つんく♂
チャート最高順位
後藤真希 年表
3rdステーション
(2005年)
後藤真希プレミアムベスト(1)
(2005年)
Maki Goto 2005 Special Edition for Hawaii
(2005年)
『後藤真希プレミアムベスト①』収録のシングル
  1. スッピンと涙。
    リリース: 2005年7月6日
テンプレートを表示

後藤真希プレミアムベスト①』(ごとうまきプレミアムベスト いち)は、後藤真希のソロデビュー後1枚目のベストアルバム。[1]韓国盤も発売されているが、これには日本版の15曲に加え、ボーナストラックとして『Thank You Memories』(スッピンと涙。の韓国語Ver.)と『Please Go On』 (抱いてよ!PLEASE GO ONの韓国語Ver.)の2曲が追加収録されている。

収録曲[編集]

  1. 愛のバカやろう(バカやろうVersion)
    作詞・作曲:つんく 編曲:鈴木Daichi秀行
    1stシングルの別バージョン。元々このバージョンで発売する予定だったらしい。
  2. 好きすぎて バカみたい(後藤Version)
    作詞・作曲:つんく 編曲:平田祥一郎
    DEF.DIVA名義でリリースした曲のセルフカバー。
  3. 手を握って歩きたい
    作詞・作曲:つんく 編曲:小西貴雄
    3rdシングル。
  4. スッピンと涙。
    作詞:つんく 作曲KAN 編曲:鈴木俊介(ストリングスアレンジ:つんく・鈴木俊介)
    13thシングル。作曲・ピアノにKANが参加している。
  5. 抱いてよ!PLEASE GO ON(2005夏ハロー!Version)
    作詞・作曲:つんく 編曲:鈴木Daichi秀行
    8thシングルのライブバージョン。2番が省略されている。
  6. 原色GAL 派手に行くべ!
    作詞・作曲:つんく 編曲:高橋諭一
    9thシングル。
  7. やる気! IT'S EASY
    作詞・作曲:つんく 編曲:前嶋康明
    モーニング娘。卒業直前にリリースされた4thシングル。
  8. スクランブル
    作詞・作曲:つんく 編曲:鈴木Daichi秀行
    7thシングル。本人主演映画の主題歌。
  9. うわさのSEXY GUY
    作詞・作曲:つんく 編曲:鈴木Daichi秀行
    6thシングル。
  10. さよなら「友達にはなりたくないの」
    作詞:つんく 作曲:たいせー 編曲:鈴木Daichi秀行
    12thシングル。
  11. 横浜蜃気楼
    作詞:つんく 作曲:はたけ 編曲:西田昌史
    11thシングル。
  12. サヨナラのLOVE SONG(純情Version)
    作詞・作曲:つんく 編曲:高橋輸一
    10thシングルの別バージョン。
  13. オリビアを聴きながら(2005Version)
    作詞・作曲:尾崎亜美 編曲:高橋輸一
    杏里のカバー曲で、モーニング娘。のオーディションで歌った曲。2003年にはこの曲で第54回NHK紅白歌合戦にソロとして初出場した。
  14. 溢れちゃう...BE IN LOVE(プレミアムVersion)
    作詞・作曲:つんく 編曲:高橋輸一
    2ndシングル。但し、大幅にアレンジが変更されている。
  15. 「二十歳のプレミア」
    作詞・作曲:つんく 編曲:鈴木俊介
    新曲。

参加ミュージシャン[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 但し、前年にファンクラブ及びハワイツアー限定のシングルコレクション『Maki Goto Special Edition for Hawaii』が発売されている。因みに、このアルバムの翌週に2005年版のファンクラブ及びハワイツアー限定のシングルコレクション『Maki Goto 2005 Special Edition for Hawaii』が発売されている。

外部リンク[編集]