後藤昌次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

後藤 昌次郎(ごとう しょうじろう、1924年1月15日 - 2011年2月10日[1])は岩手県出身の弁護士東京弁護士会所属)。

来歴・人物[編集]

岩手県和賀郡黒沢尻町(現・北上市)生まれ。旧制黒沢尻中学校(現岩手県立黒沢尻北高等学校)卒業、旧制第一高等学校文科および理科卒業、東京大学法学部を経て、1954年弁護士となる。

かかわった主な事件として松川事件八海事件青梅事件土田・日石・ピース缶爆弾事件警視総監公舎爆破未遂事件、日大闘争警官傷害致死事件などがある。1992年に東京弁護士会人権賞受賞した。神戸連続児童殺傷事件では冤罪を主張しており、A少年を偽計による「自白調書」で逮捕・勾留した警察官・検察官を告発している。

草笛を趣味としていた[2]

2011年2月10日、慢性心不全腎不全のため東京都三鷹市の病院で死去。87歳没[1]

著書・編著[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “後藤昌次郎氏死去 松川事件などの弁護士”. 共同通信社. (2011年2月14日). http://www.47news.jp/CN/201102/CN2011021401000695.html 2011年2月14日閲覧。 
  2. ^ とっておきの一枚 草笛は野づらをわたり どこからここに、どこへ」(『法と民主主義』2005年6月号、執筆:佐藤むつみ)