後藤慶二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
後藤慶二
Keiji Goto.jpg
生誕 1883年(明治16年)10月29日
日本の旗 日本 東京市小石川区
死没 (1919-02-03) 1919年2月3日(35歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学
職業 建築家
所属 司法省
建築物 豊多摩監獄

後藤 慶二(ごとう けいじ、1883年10月29日 - 1919年2月3日)は日本の建築家。司法技師として監獄等の建設に従事、豊多摩監獄(後の中野刑務所)が代表作。

経歴[編集]

東京・小石川生まれ。父・牧太は物理学者で東京高等師範学校教授。東京高等師範学校附属小学校・同中学校、旧制第四高等学校(金沢)第二部甲組を卒業。白馬会菊坂研究所に通い洋画を学ぶ。1906年に東京帝国大学建築学科に入学し、1909年卒業。同期に山崎静太郎長谷部鋭吉らがいる。

卒業後は司法省に入り営繕技師になる。山下啓次郎横浜勉とともに豊多摩監獄の建設に従事。また中央工学校(夜学)の建築科教務主理を務める。1914年頃、佐野利器内田祥三内藤多仲らと白光会を組織。同期の山崎静太郎中村達太郎の「虚偽建築論争」(1915-16年)に際して「形而下の構造に対する形而上の批判」を寄せ、構造と意匠に関する建築論を展開した[1]

1915年3月、豊多摩監獄が竣工[2]、同月、司法技師を依願免官。この年に第3回国民美術協会展覧会に作品を出展。6月-8月、関野貞らとともに朝鮮総督府嘱託として朝鮮の古墳調査に参加した。朝鮮から帰国後、明治神宮宝物殿建築設計競技に応募し、3等1席に入選する。現在の宝物殿((大江新太郎実施設計、重要文化財)は後藤案のデザイン(校倉風)をふまえていると言われる。
1916年、司法省に復職し、東京区裁判所を手がける。同年早稲田大学講師として内藤多仲の構造の講義を引き受けて、1年間代講する。1919年、スペイン風邪に腸チフスを併発し、36歳の若さで死去。

建築学会では常議員及び建築雑誌編集委員(1915年、1916年)等を務めた。国民美術協会展覧会の第2回(1914年)から第6回(1918年)まで作品を出展し、第6回に雨潤会奨励賞金を受ける。1917年には国民美術協会理事に選出された。

建築構造でも研究を進め、佐野利器内田祥三内藤多仲らと「鉄筋コンクリートに関する新語および記号私案」を作成。コンクリート構造に関する論文を多く発表した。日本で建築構造における図式解法の最初の紹介者とも称される。

作品[編集]

その他[編集]

旧豊多摩監獄表門
「辰野金吾博士 作品集成絵図」1916年
  • 短命のため作品は少なく、豊多摩監獄の正門のみが保存されている。
  • 辰野金吾の還暦祝いに「作品集成絵図」を贈った。日本銀行、東京帝国大学工科大学、東京駅など辰野作品が並ぶ架空の街並みを描いたものである。
  • 子息一雄は後に東京工業大学建築学科教授。

注釈[編集]

  1. ^ 藤井正一郎・山口廣編『日本建築宣言文集』(1973年、彰国社)p61、p81。
  2. ^ 建設に功績のあった後藤に300円、横浜勤に250円、山下啓次郎に100円の賞与が贈られた。[1]
  3. ^ 雑誌ホトトギス200号記念事業の1つとして高浜虚子が朝鮮の大同江に画舫(遊覧船)を浮かべるよう提案した(ホトトギス1913年5月号)。画舫は後藤の原案に基づき、朝鮮総督府技師の実施設計により建造された(ホトトギス1915年9月号)。楽浪丸と命名され、1915年9月に進水した(1915年9月25日朝日新聞)。

著書[編集]

  • 「後藤慶二氏遺稿」(私家版、1925年) - 森仁史監修『叢書・近代日本のデザイン 23』に復刻
  • 「日本劇場史・附西洋劇場の話」(岩波書店、1925年) - 卒業論文をもとにしたもので、日本の劇場建築史に関する研究の嚆矢[2]
  • 「鉄筋混凝土構造」(白水社、1925年)[3]

参考文献[編集]

  • 近江栄・堀勇良『日本の建築 明治大正昭和10 日本のモダニズム』(1981年、三省堂)
  • 長谷川尭『神殿か獄舎か』(相模書房)