後藤功

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

後藤 功(ごとう いさお、1976年[1] - )は日本の実業家プログラマiPhoneをリモコン化するソフトウェア「iRemocon」を開発した株式会社グラモの創業者で代表取締役を務める。

経歴[編集]

大分市に生まれる[1]。中学、高校時代から「自分の会社から発明品を製品化したい」という考えを抱く一方、パソコン通信を介したネット通販のような取引もおこなっていた[2]

九州産業大学経営学部を卒業[1]。卒業後は地元の半導体関連装置の製造メーカーに就職するが、東京での勤務となり、携帯電話用のファームウェア開発に従事した[2]。しかし、起業家をめざすために2年で退社し、2001年にITベンチャー企業のテックファームに転職[1][2]。テックファームでは企業向け情報システムなどの構築に従事し[2]、携帯サービスの総責任者となる[1]。業績を上げて子会社の取締役まで昇格するが、iPhoneを操作機器とすることを着想する[2]。外部企業に委託する形で量産試作まで手がけた上で2010年にテックファームを退職し、2011年に株式会社グラモを創業した[2]

グラモはiRemoconを紹介する形でITベンチャーのコンペティションである「innovation Weekend」に参加、2011年12月に「innovation Weekend Grand Finale2011」で優勝した[1][2]

iRemoconは成功を収めたが、将来の事業資金を確保する狙いから2013年9月に自社株式をアドバンスト・メディアに売却し、 グラモは同社の完全子会社となった[2][3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f IWGF2011グランドチャンピオンは、ネット家電ベンチャーのグラモに決定 - ベンチャーナウ(2011年12月21日)
  2. ^ a b c d e f g h 起業したいという思いを秘めて修行した後に、創業しました グラモ代表取締役社長の後藤功氏 - 日経テクノロジーオンライン(丸山正明「イノベーター人づくり考」2013年12月20日)
  3. ^ 株式会社グラモの株式を取得し、完全子会社化 - アドバンスト・メディア社ニュースリリース(2013年9月25日)

外部リンク[編集]