後藤はつの

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ごとう はつの
後藤 はつの
生誕 (1903-09-01) 1903年9月1日
日本の旗 日本新潟県妙高々原村(現:妙高市
死没 (2017-05-15) 2017年5月15日(113歳没)
日本の旗 日本東京都墨田区
死因 誤嚥性肺炎
住居 日本の旗 日本東京都墨田区
国籍 日本の旗 日本
職業 画家
子供 2人
公式サイト 後藤はつのCollection

後藤 はつの(ごとう はつの、1903年明治36年)9月1日 - 2017年平成29年)5月15日[1])は、日本の画家

経歴[編集]

1903年(明治36年)、新潟県妙高高原村の赤倉温泉で出生。14歳の時に上京し、20歳で結婚。2人の子供を育てた。

73歳の時に孫からの一言をきっかけにカルチャースクールで絵を習い始め、99歳までに19枚の絵を描いた。82歳で現代童画展新人賞を受賞し、96歳で同文部大臣奨励賞を受賞した。100歳を超えてからはかるたにも挑戦し、112歳の時に全国かるた協会より初段を授与された[2]。生前は東京都墨田区在住で且つ同区の最高齢だった[3][4]

主著に、「111歳、いつでも今から」など[5]

2017年5月15日午前1時36分、自宅で誤嚥性肺炎のため死去。死去時点で全国でも7番目の高齢だった。113歳256日。葬儀は親族のみで行われ、同年7月16日に家族によって後藤の死去が公表された。

関連項目[編集]

出典[編集]