彭キ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
本来の表記は「彭玘」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

彭 玘(ほう き)は、中国の小説四大奇書の一つである『水滸伝』の登場人物。

キャラクター概要[編集]

地英星の生まれ変わりで、梁山泊第四十三位の好漢。渾名天目将(てんもくしょう)で、死凶疫病をつかさどる凶星である「天目(かに座)」を意味していることに由来。

三尖両刃の使い手で、代々の武将の家柄である。

生涯[編集]

元は潁州の団練使を務めており、梁山泊討伐の指揮官に任命された呼延灼の推薦を受けて、韓滔とともに兵を率いて梁山泊へ攻め込む。初戦から果敢に攻めるが扈三娘によって捕らわれる。ところが、捕虜になった際に宋江の厚遇に感心して仲間になり、のちに同じく捕虜となった呼延灼、韓滔を説得し梁山泊入りする。

入山後は、馬軍小彪将兼斥候となり、呼延灼の副将として韓滔と常に行動をともにし前線で戦った。朝廷招安後も、遼国戦や田虎王慶討伐に参戦するが、方臘討伐で常州を攻めた際、敵将・許定と戦うが、韓滔が高可立の矢を受けて落馬し、張近仁に槍でとどめを刺されたのを見た彭玘は、激怒して高可立に斬りかかるが、不意に横から飛び出した張近仁の槍を受けて戦死する。