彩虹眷村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
彩虹眷村

Rainbow village.jpg

彩虹眷村
各種表記
繁体字 彩虹眷村
簡体字 彩虹眷村
拼音 Cǎihóng juàn cūn
通用拼音 Cǎihóng jyuàn cūn
注音符号 ㄘㄞ ㄏㄨㄥ ㄐㄩㄢ ㄘㄨㄣ
ラテン字 Ts'ai hung chuan ts'un
発音: ツァイホン ヂュェンツン
台湾語白話字 Chhái-khēng Koàn-chhun
日本語漢音読み さいこうけんそん
英文 Rainbow Village
テンプレートを表示

座標: 北緯24度8分0.96秒 東経120度36分35.17秒 / 北緯24.1336000度 東経120.6097694度 / 24.1336000; 120.6097694

作者の黄永阜
壁画アート制作過程の彩虹眷村の様子(2009年当時)
ランタンでライトアップされた彩虹眷村

彩虹眷村(さいこうけんそん)、あるいはレインボー・ビレッジ台湾台中市南屯区春安里中国語版にある眷村。彩虹村(さいこうそん)、彩虹芸術公園(さいこうげいじゅつこうえん)とも。

再開発のため取り壊される予定だったが、居住していた香港出身中華民国国軍退役軍人黄永阜による壁画アートが注目を集めたため保存が決まった[1]。現在は壁画を描いた老夫婦だけが住んでいるが、アートスポットとしてリノベーションされ観光地として国内外から脚光を浴びている[2]。露出効果が高まった効果で年間来訪者数が2016年には125万人、2017年には200万人に達し台湾有数の名所となった[3]

歴史[編集]

設立過程[編集]

彩虹眷村は成功嶺中国語版軍営と嶺東科技大学の間、馬祖二村・台貿五村・干城六村中国語版にあり、馬祖二村は他の国防部農田水利会中国語版、私人が管理する公有二村とはさほど離れていないものの、管理範囲外である。早期は9名の老兵が6棟の家屋を自己建築した。棟ごとに形状も異なり、権利関係も複雑である。壁画アートの作者、彩虹爺爺こと黄永阜は軍退役後養老院に入居する予定だったが考えを改め、1979年に現在の彩虹村の一角の家屋を買い取った[4]。後に都市再開発で3つの眷村は道路用地として撤去される計画が浮上する。

2008年8月に黄は突如自宅付近の家屋にペイントを施すようになった。2010年嶺東科技大学弘光科技大学の教授や学生たちが、あどけなさに満ちて、可愛さや溌溂とした子供の表情が描かれた壁画アートに価値を見出したことで、蔡克斯という学生が台中市政府に眷村を文化資産として保存するよう申請[5]。「搶救彩虹村(彩虹村救助活動)」としてムーブメントが拡大した。

同年9月に当時の台中市長胡志強や、市文化局局長などの関連組織での討議を経て、当該建築物は文化資産としての認定基準には満たないものの、所有者の同意の元で「彩虹芸術公園」として保存されることになった[6]。 保存部分は元は公園と老木、製作者の永阜が壁画アートを施した6棟の建物群を包括している[7]

黄夫婦の作画用住居のみが残され、眷村は2014年1月25日に芸術公園としてオープンした[8]

彩虹眷村は近年香港澳門シンガポールマレーシア韓国日本中国などから20以上のテレビ局が報道するなどで100万人超の観光客が訪れる国際的な観光地となった[9][10][11][12]。 「癒しスポット」、「宮崎駿の世界観」と評論されたりもする[13]

イギリスの旅行ポータルサイト「Culture Trip」では「台湾の10大インスタ映えスポット」として[14]、日本の大手旅行代理店H.I.Sの調査でも「台湾で最も撮影したいスポット」に選ばれるなど[15]SNSでは台北101を凌ぐ人気スポットと化している[16]英語圏の大手ガイドブック「ロンリー・プラネット」でも「世界の秘密の奇跡(Secret Marvels of the World)」に台湾からその1つとして選出されている[17][18][19][20][21]

トラブル[編集]

毎日数千人が訪れるまでになったことから2018年に市政府建設局が周囲の駐車場に公衆トイレを増設するなど、対応に追われている[22]

また、グッズ販売やウェブサイト管理を請け負う彩虹文創公司と制作者の黄との間で著作者人格権が譲渡されており、土地と建物についての権利を保有し周辺の整備も行っている市が、2者に文化資産保護の当事者としての立場を訴える意向を示している[23]

ギャラリー[編集]

台貿五村、干城六村、馬祖二村の源流[編集]

位置[編集]

台貿五村、干城六村、馬祖二村(撤去)は南屯区春安里中国語版嶺東科技大学の近辺に位置し、婦聯会中国語版1956年から1967年の間に38,120戸が造成された軍人用住宅のひとつで、後に国防部が管理するに至った。建屋の面積は甲種12.3坪、乙種10坪、丙種8.4坪、丁種7.6坪の4種。 この3つの眷村は1962年6月から年末にかけて建設された。完工後の入居は台貿五村、干城六村、馬祖二村の順で行われた[24]。 住居は800戸、地籍は39区画、総面積は10.2584ヘクタールで、公有地は90.70%、私有地が9.30%となっていた[25]。公有地部分は国防部が管理し、春安路、建功路が主要な交通手段だった。 市立春安国民小学の学区内にあり、三村は台湾中部では大型の眷村に分類される。台中市政府中国語版は眷村の造成と人口流入が進むにしたがって、当該地区を春社里から分離し春安里として独立させた。三村は日常では一体ではなかったが、行事などでは共同で活動することもあった。

建設[編集]

台貿五村は南屯区建功南2巷にあり[25]、婦聯会が貿易で得た収益を寄付して建てられたことで「台貿五村」と命名された。婦聯会の6期にわたる造成は1962年に完工、中華民国陸軍の管理下で乙丙丁の3種300戸に兵士が入居した。

干城六村は同区春安里11巷にあり[25]、陸軍陸訓部成功嶺中国語版軍営地(干城部隊)の住居となったことから命名。婦聯の七期造成で1963年に完工した。干城部隊のほかに国防部と装甲部隊の兵士が入居した。乙丙丁の3種で250戸。

馬祖二村は春安里7巷にあり[25]馬祖島で従軍していた兵士が配属されたことによる命名。干城と同年の7月に完工した。丙丁2種の100戸だったが、後に180戸まで拡張された[26]

撤去[編集]

三村は2000年から2004年の間に台中市政府が再開発のため撤去を計画したが、権利関係が複雑だったため調整に手間取り、民間の参加を募って修正した。2005年11月までで三村には40戸の人口しかなく、2007年12月には建功路南側を除いて明け渡しが完了した。2012年に三村は彩虹村とともに再開発のため整地され、住民は市内の国安国宅、虎嘯国宅、福聯社区などに転居した。 この転移により春安里は2016年時点で人口僅か345戸、909人となった。彩虹眷村には永阜夫妻のみが居住している[27][28][29]

交通[編集]

台中市市区公車中国語版

彩虹眷村(嶺東南路)発着

彩虹眷村(忠勇路)発着

  • 26路70路(いずれも高鉄台中駅 - 彩虹眷村 - 嶺東科技大学経由)
  • 99路(莒光新城 - 台湾鉄路管理局大慶駅 - 高鉄台中駅 - 彩虹眷村 - 嶺東科技大学経由)

出典[編集]

  1. ^ 手描きの「虹の村」 取り壊し阻止に描画→観光地に2017-12-27,毎日新聞
  2. ^ (繁体字中国語)彩虹眷村2016-02-14,台中市政府台中觀光旅遊網
  3. ^ (繁体字中国語)彩虹眷村去年200萬造訪人次 日、東南亞遊客增2018-01-21,自由時報
  4. ^ (繁体字中国語)為整座眷村上彩妝 黃永阜與彩虹眷村 文化部臺灣深度之旅
  5. ^ (繁体字中国語)搶救彩虹眷村 臉書8千人連署2010-09-08,台灣蘋果日報
  6. ^ (繁体字中国語)搶救成功 彩虹眷村保住了2010-09-12,大紀元
  7. ^ (繁体字中国語)彩虹眷村被拆了?2012-05-07,PeoPo公民新聞
  8. ^ (繁体字中国語)彩虹藝術公園開幕啟用典禮2014年1月25日[2016年2月14日
  9. ^ (繁体字中国語)黃永阜彩筆成就彩虹眷村2014-06-15,中時電子報
  10. ^ (繁体字中国語)爺爺的彩繪人生爺爺2015-12-03,大愛電視台/Youtube
  11. ^ (繁体字中国語)非凡電視台採訪彩虹爺爺2014-10-29,非凡電視台中国語版
  12. ^ (繁体字中国語)日本富士電視台採訪爺爺2014-10-29,公式
  13. ^ (繁体字中国語)台中彩虹眷村入選「世界的祕密奇跡」!還記得此園區成立的經過嗎?2017-10-26,Knowing 新聞
  14. ^ (繁体字中国語)打敗101!彩虹眷村成國際IG熱點2017-07-25,新頭殻
  15. ^ 行ってみたい!台湾のフォトジェニックスポットランキング エイチ・アイ・エスSNSトレンド調査(2017-05-02~05-10)
  16. ^ (繁体字中国語)打敗台北101!彩虹眷村成國際IG熱點2017-07-27,新唐人亞太台
  17. ^ 米旅行ガイド大手が選ぶ「世界の穴場スポット」に台湾の眷村と微生物博物館2017-08-26,フォーカス台湾
  18. ^ (英語)Rainbow Village in Taichung listed in global guidebook2017-11-23,Taipei Times
  19. ^ (繁体字中国語)台中彩虹眷村再獲國際肯定 入選世界祕密奇跡2017年10月25日,自由時報
  20. ^ (繁体字中国語)台中彩虹眷村再獲國際肯定 入選旅遊指南祕密奇跡2017年10月25日,中時電子報
  21. ^ (繁体字中国語)彩繪眷村獲國際認證 彩虹爺爺「畫」出奇蹟2017年11月20日,自由時報
  22. ^ (繁体字中国語)彩虹眷村不方便 公廁停車場趕工中2018-01-16,中時電子報
  23. ^ (繁体字中国語)〈中部〉原創著作權讓渡 中市議員憂「彩虹眷村」不保2018-05-26,自由時報
  24. ^ (繁体字中国語)婦聯會捐建軍眷住宅/職務官舍基本資料 - ウェブアーカイブArchive.is、2014年10月2日) 中華民國婦女聯合會
  25. ^ a b c d 變更台中市都市計畫(已騰空眷村土地變更)細部計畫案說明書2007-12,台中市政府
  26. ^ (繁体字中国語)懷念馬祖二村 榮民文化網
  27. ^ 陳鴻勝 (2005年11月26日). “廢棄眷村的環境現象分析”. 中華民國建築學會論文. http://lms.ltu.edu.tw/sys/read_attach.php?id=930030. 
  28. ^ (繁体字中国語)變更台中市都市計劃 圖8、圖26台貿五村、干城六村、馬祖二村視意圖2015-01-12,台中市政府
  29. ^ (繁体字中国語)臺中市南屯區人口統計里鄰戶數及人口數台中市人口統計網[2016年2月20日]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]