彩花みん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
彩花 みん
生誕 (1969-02-03) 1969年2月3日(49歳)[1][2]
日本の旗 石川県の旗石川県Flag of Nanao, Ishikawa.svg七尾市[2]
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1991年 -
ジャンル 少女漫画ギャグ漫画
代表作赤ずきんチャチャ
受賞 1991年第40回S・B(シーズン・ベスト)賞『われらハイスクールヒーロー』
テンプレートを表示

彩花 みん(あやはな みん、1969年[1]2月3日[1][2] - )は、日本漫画家石川県七尾市出身[2]。石川県金沢市在住[2]血液型B型[2]

本名は「順子」だが、自分以外の家族は全員名前に「み」がついているのに、自分にだけつかないことが不満だったため、ペンネームは「み」のつく名前にしたいと思い名づけた。身内からは「ずん」と呼ばれている[要出典]

略歴[編集]

作品リスト[編集]

全て集英社から刊行されている。

単行本[編集]

  • 赤ずきんチャチャ(1992年 - 2000年、りぼんマスコットコミックス、全13巻)
  • ごん太を殺せ!(1994年7月15日発売[6]、りぼんマスコットコミックス、ISBN 4-08-853744-0
    • ごん太を殺せ!(『りぼんオリジナル』1993年4月号)
    • おまけのごん太(描きおろし)
    • たたかえ!!シャイネスボーイ(『りぼんオリジナル』1992年初夏の号)
    • 夢みる手のり少女(『りぼんオリジナル』1992年早春の号)
    • おまけの手のり少女(描きおろし)
    • 青い羽根の天使(『りぼんオリジナル』1991年秋の号)
    • われらハイスクールヒーロー(『りぼん』1991年秋のびっくり大増刊号、デビュー作)
  • ぴょん(2002年12月11日発売[7]、『りぼん』2002年3月号、『りぼんオリジナル』2002年4月号 - 8月号、『りぼん』2002年夏休みおたのしみ増刊号、りぼんマスコットコミックス、ISBN 4-08-856426-X、全1巻)
    • 鬼ラブ(『りぼん』2001年早春のびっくり大増刊号)
    • くせ毛女(『りぼん』2001年春のびっくり大増刊号)
    • 熱血幼児戦記(『りぼん』2001年初夏のびっくり大増刊号)
    • ムンバドール(『りぼん』2001年夏休みおたのしみ増刊号、秋のびっくり大増刊号)
  • 赤ずきんチャチャN(エヌ)(『Cookie』2012年8月号[5] - 連載中マーガレットコミックス、既刊4巻)

文庫本[編集]

アンソロジー[編集]

  • りぼん新人まんが傑作集 10 7つのシンフォニー[8](1992年4月20日発行、ISBN 4-08-853609-6
    • われらハイスクールヒーロー(『りぼん』1991年秋のびっくり大増刊号、デビュー作)

絵本[編集]

単行本未収録作品[編集]

  • マスタービーストキラリン(『りぼん』1995年秋のびっくり大増刊号)
  • ますたーびーすとキラリン(『りぼんオリジナル』1996年2月号 - 12月号)
  • “すいとん”と私(『りぼんティーンズ』1998年新春増刊号)
  • ごめ~ん、ウソ♥ おバカちゃんだった私…(『りぼんオリジナル』2000年4月号)
  • 男だらけ!?(『りぼん』2001年2月号別冊ふろく)
  • ぴょん(『りぼんオリジナル』2002年10月号 - 2003年2月号、『りぼん』2002年11月号)
  • ネズ民がチュー(『りぼん』2003年夏休みびっくり大増刊号、秋のびっくり大増刊号、『りぼんオリジナル』2003年10月号)
  • すっぴんママ(『りぼん』2004年冬休みびっくり大増刊号)
  • チロミロの花(『りぼん』2004年夏休みびっくり大増刊号、秋のびっくり大増刊号掲載)
  • サイボーグにゃろん(『りぼん』2005年冬休みびっくり大増刊号)
  • キチュネ(『りぼん』2005年春のびっくり大増刊号)
  • オバケ屋さん(『りぼん』2005年りぼん夏休みびっくり大増刊号)
  • 明日はお天気(『りぼん』2006年冬休みチャレンジ!大増刊号)
  • 怪社(『りぼん』2006年春のチャレンジ!大増刊号)
  • ちょっこり星3兄妹(『りぼん』2006年夏休み超びっくり大増刊号)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『漫画家 人名辞典』 まんがseek、日外アソシエーツ共編、日外アソシエーツ2003年、24頁。ISBN 4-8169-1760-82018年2月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 作家プロフィール”. 集英社 クッキー公式サイト. 2018年2月10日閲覧。
  3. ^ 彩花みん「赤ずきんチャチャ」新作掲載のCookie本日発売”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2011年3月26日). 2018年2月10日閲覧。
  4. ^ 「赤ずきんチャチャ」再登場!水沢めぐみら描くチャチャも”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2011年11月26日). 2018年2月10日閲覧。
  5. ^ a b 「赤ずきんチャチャN」が連載化、あいざわ遥の新連載も”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2012年6月26日). 2018年2月10日閲覧。
  6. ^ ごん太を殺せ!|彩花 みん|りぼんマスコットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2006年5月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月10日閲覧。
  7. ^ ぴょん|彩花 みん|りぼんマスコットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2006年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月10日閲覧。
  8. ^ 他、佐伯茜(「ルナ -天使の魔法使い-」、『りぼんオリジナル』1991年早春の号)、紺野ひろこ(「真夜中にこんにちは」、『りぼん』1991年春のびっくり大増刊号)、山本由実(「夢が降る頃」、『りぼんオリジナル』1991年初夏の号)、片桐澪(「硝子の魚たち」、『りぼんオリジナル』1991年夏の号)、広尾万里(「BE MY BABY」、『りぼん』1991年秋のびっくり大増刊号)、小泉あきこ(「王子様のBACK STAGE」、『りぼん』1991年秋のびっくり大増刊号)計7作収録。
  9. ^ ゲーム『どこでもいっしょ』のキャラクター、トロを使った防犯啓発絵本。
  10. ^ トロといっしょ!あんしん・あんぜんブック|荒井 賢太郎、彩花 みん|絵本|BOOKNAVI”. 集英社. 2009年8月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月10日閲覧。

外部リンク[編集]