彩られし女性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
彩られし女性
The Painted Veil
Poster - Painted Veil, The 01 Crisco restoration.jpg
監督 リチャード・ボレスラウスキー
脚本 ジョン・ミーハン
ザルカ・フィアテル
イーディス・フィッツジェラルド
原作 サマセット・モーム
製作 ハント・ストロンバーグ
出演者 グレタ・ガルボ
ハーバート・マーシャル
ジョージ・ブレント
音楽 ハーバート・ストサート
撮影 ウィリアム・H・ダニエルズ
編集 ヒュー・ウィン
配給 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 アメリカ合衆国の旗 1934年11月23日
日本の旗 1935年10月
上映時間 85分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 約947,000ドル
配給収入 538,000ドル(北米)
1,120,000ドル(海外)[1]
テンプレートを表示

彩られし女性』(いろどられしじょせい、原題:英語: The Painted Veil)は、1934年に製作・公開されたアメリカ合衆国の映画である。サマセット・モームの小説『五彩のヴェール』の映画化作品であり、リチャード・ボレスラウスキーが監督、グレタ・ガルボハーバート・マーシャルジョージ・ブレントが主演した。

1957年エリノア・パーカー主演、2006年ナオミ・ワッツエドワード・ノートン主演で再映画化されている(邦題は『ペインテッド・ヴェール ある貴婦人の過ち』)。

キャスト[編集]

  • カトリン:グレタ・ガルボ
  • ウォルター・フェイン:ハーバート・マーシャル
  • ジャック・タウンゼンド:ジョージ・ブレント
  • 将軍:ワーナー・オーランド
  • カトリンの父:ジーン・ハーショルト

スタッフ[編集]

  • 監督:リチャード・ボレスラウスキー
  • 製作:ハント・ストロンバーグ
  • 脚本:ジョン・ミーハン、ザルカ・フィアテル、イーディス・フィッツジェラルド
  • 音楽:ハーバート・ストサート
  • 撮影:ウィリアム・H・ダニエルズ
  • 編集:ヒュー・ウィン
  • 美術:セドリック・ギボンズ
  • 衣裳:エイドリアン
  • 録音:ダグラス・シアラー

脚注[編集]

  1. ^ "The Eddie Mannix Ledger". Los Angeles: Margaret Herrick Library, Center for Motion Picture Study

外部リンク[編集]