当麻老

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
当麻老
時代 奈良時代
生誕 不明
死没 不明
官位 従五位上上総守
主君 元正天皇
氏族 当麻真人
山背
テンプレートを表示

当麻 老(たいま の おゆ)は、奈良時代貴族真人淳仁天皇外祖父官位従五位上上総守

経歴[編集]

養老4年(720年従五位下造宮少輔に叙任され、神亀元年(724年)従五位上に叙せられる。その後時期は明らかでないが、上総守を務めた。

娘・山背舎人親王の妃となり、養老元年(717年)に三原王天平5年(733年)に大炊王を儲ける。天平宝字2年 (758年)大炊王が即位(淳仁天皇)したことから、老は天皇の外祖父となった。

官歴[編集]

続日本紀』による。

参考文献[編集]