当選商法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

当選商法(とうせんしょうほう)とは当せんする事が確実の中身が同一の抽せん箱を用いた抽せんを行い、当せんした客を称賛して気分が高揚した勢いで入会や購入を促す商法。「福引商法」「おめでとう商法」とも呼ばれる。

2等のくじしか入っていない箱を用意し、2等が当たった者に有線放送の受信機を購入させる手口もある[1]

2007年にはUSENから委託を受けた業者が当選商法に該当する商法を行っていると報道された。詳細はUSEN#顧客勧誘問題を参照。

2013年にはウォーターサーバー業者が当選商法を働いていることが報告され、国民生活センターでは注意を呼びかけている[2]

脚注[編集]

  1. ^ 多賀城市 当選商法編
  2. ^ 無料(タダ)ではない!?ウオーターサーバーの当選商法-実態は水の定期購入!1年未満の解約では解約料がかかる-国民生活センター2013年9月5日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]