スワロー礁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
弾丸礁から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
スワロー礁 右下がラヤンラヤン島
南沙諸島における南シナ海周辺諸国の実効支配状況

スワロー礁(すわろーしょう、英語:Swallow Reef、マレー語:Pulau Layang-Layang、中国語:弾丸礁、ベトナム語: Đá Hoa Lau / 𥒥Hoa Lau)は、南沙諸島に点在するサンゴ環礁の一つ。ボルネオ島の北西300kmに位置し、マレーシア実効支配している。環礁の一部であるラヤンラヤン島スキューバダイビングなどの観光地となっている。中華人民共和国中華民国台湾)が領有権を主張している。

名称[編集]

マレーシアでは、スワロー礁をラヤンラヤン島と呼んでいる[1]。日本の防衛省の文書ではスワロー礁と表記している[2]。中国名は弾丸礁

歴史[編集]

1974年、マレーシアが領有した。1979年サバ州の付属島として、マレーシア地図に明記した。1980年、マレーシア海軍監視所が設置された[3]

マレーシア政府がラヤンラヤン島を埋め立て野鳥観察区空港リゾートホテルを建てた[4]

2010年、中国の漁業取締船漁政311が監視活動としてスワロー礁に接近し、マレーシア軍のミサイル艇と哨戒機が出動、18時間対峙するという事件が起こった[5]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯7度22分20秒 東経113度50分30秒 / 北緯7.37222度 東経113.84167度 / 7.37222; 113.84167