張トウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
張讜から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「張讜」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

張 讜(ちょう とう、生年不詳 - 474年)は、中国南北朝時代官僚軍人は処言。本貫清河郡東武城県

経歴[編集]

南燕の尚書左僕射の張華の子として生まれた。孝武帝に仕えて、給事中・泰山郡太守を経て、青冀二州輔国府長史となり、魏郡太守を兼ねた。東安東莞二郡太守となり、彭城の東北の団城に拠った。明帝が即位すると、薛安都らに同調して劉子勛を支持した。後に明帝に降って、輔国将軍の号を受けた。467年泰始3年)、冠軍将軍・東徐州刺史に任じられた。

468年(泰始4年、北魏皇興2年)、尉元を通じて北魏に帰順した。尉元は張讜をそのまま冠軍将軍・東徐州刺史とするよう上表し、献文帝は中書侍郎の高閭を派遣して、張讜を刺史に任じた。後に張讜は平城に入り、薛安都や畢衆敬に次ぐ礼遇を受けた。勲功により平陸侯の爵位を受け、平遠将軍の号を加えられた。

474年延興4年)、死去した。平南将軍・青州刺史の位を追贈された。は康侯といった。

子女[編集]

  • 張敬伯(昌安侯、楽陵郡太守)
  • 張敬叔(四男、平陸侯、武邑郡太守)

伝記資料[編集]