張耒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

張耒(ちょう らい、1054年 - 1114年)は、北宋時代・中国の文人は文潜。

生涯[編集]

楚州淮陰(現在の江蘇省淮安市)に生まれる。遊学中に蘇轍に学び、兄の蘇軾に認められてその門人となり、のち晁補之(ちょうほし)、秦観黄庭堅とともに、蘇門四学士の1人に数えられる。神宗の熙寧六年(1073年)に進士に合格し、臨淮県の主簿・寿安県の尉・咸平県の丞を歴任。中央に推挙され大学録となり、元祐元年(1086年)、哲宗の代に秘書省正字・著作佐郎に任命される。やがて著作郎と史院検討官を兼任し、その8年後に起居舎人に抜擢された。紹聖元年(1094年)には龍図閣直学士・潤州知事だったが、新法・旧法の争い(党争)に巻き込まれ、旧法党として宣州知事・監黄州酒税に左遷された。徽宗が即位すると黄州通判となり、中央に復帰して太常少卿となり、潁州・汝州の知事を歴任。崇寧元年(1102年)、またしても党争のために罷免され、陳州に隠退して多くの門人を指導し、宛丘先生と呼ばれた。

思想・著作[編集]

排老論者であり、かつて「老子議」を発表して老子の説を批判したことがある。筆力は雄健であり、特に騒体の作に優れ、蘇軾(1037-1101)・蘇轍(1039-1112)にその才を称された。蘇兄弟や黄庭堅晁補之が相次いで没した後には大家の名をほしいままにした。常に文を作るには理を以て主とすべきと唱え、明確な文章を目指した。晩年は白居易の平淡な楽府体に学んだ。

  • 『柯山集』50巻

参考文献[編集]

  • 『宋史』444
  • 『東都事略』116