張江高科駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯31度12分11秒 東経121度34分50秒 / 北緯31.20306度 東経121.58056度 / 31.20306; 121.58056

張江高科駅
5号口
5号口
ちょうこうこうか
Zhangjiang Hign Technology Park -
所在地 中華人民共和国の旗 中国上海市浦東新区祖冲之路
所属事業者 上海地鉄運営有限公司
上海地下鉄
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
開業年月日

2000年12月27日(元地上駅)

2010年2月(現地下駅)
乗入路線 2 路線
所属路線 2号線
キロ程 32.79km(徐涇東起点)
竜陽路 (2.60km)
(1.61km) 金科路
所属路線 張江軌道電車
キロ程 0.0km(当駅起点)
テンプレートを表示
張江高科駅
各種表記
繁体字 張江高科站
簡体字 张江高科站
拼音 Zhàngjiāng Gāokē Zhàn
発音: ヂャンジャン ガオクー ヂャン
英文 Zhangjiang Hign Technology Park Station
テンプレートを表示
新旧駅
高架駅時代の姿

張江高科駅(ちょうこうこうか-えき)は中華人民共和国上海市浦東新区に位置する上海地下鉄2号線である。なお、張江高科駅前にある張江軌道電車張江地鉄駅駅についてもここで述べる。

利用可能な鉄道路線[編集]

上海地下鉄
2号線
張江軌道電車(張江地鉄駅駅)
張江軌道電車

駅構造[編集]

上海地下鉄2号線[編集]

  • 島式ホーム1面2線を有する地下駅。(浦東国際空港方面への延伸に伴い、2010年2月24日より)
  • 延伸以前は当駅が地下鉄2号線の終着駅であった。
  • 2010年2月13日までは、相対式ホーム2面2線を有する高架駅であった。さらに東への延伸の決定と、延伸ルートの都合により、僅か9年余りで高架駅は放棄されることになったが、高架駅や高架線は残存し上海軌道交通の訓練基地として運用されている。なお、新地下駅は旧高架駅よりも1ブロック東に移動したが、バスターミナルや張江軌道電車の乗り場は旧駅の脇にあるため、新駅からは必ず横断歩道を通らなければならない。

張江軌道電車[編集]

張江軌道電車停留所
  • 旧高架駅の南側にある相対式ホームの停留所。日中は基本的に旧高架駅に近い方のホームに入線する。
  • 張江地鉄駅~張東路・金秋路間を結ぶフランス・ドイツ式の路面電車。途中の停留場は、碧波路・高科路、華蛇路・達弥文路、ほか11停留所ある。

駅周辺[編集]

沿革[編集]

  • 2000年12月27日 - 2号線開業。
  • 2010年1月1日 - 張江軌道電車の開業に伴い、張江地鉄駅駅(停留所)を設置。
  • 2010年2月13日 - 駅地下化に伴い高架駅の運用停止。
  • 2010年2月24日 - 10日間の閉鎖を経て地下新駅の開業。
  • 2017年2月9日 - リニューアル工事を経て再開業。乗降客の増加に対応し、ホームへのエレベーター、エスカレーターを増設、券売機エリアを拡張した。

隣の駅[編集]

上海地下鉄
2号線
竜陽路駅 - 張江高科駅 - 金科路駅
張江軌道電車
張江軌道電車
張江地鉄駅駅 - 碧波路・高科路駅