張楊 (映画監督)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

張楊(チャン・ヤン、Zhang Yang, 1967年 - )は、中国北京出身の映画監督。父の張華勳も1980年代に数々のアクション映画を手がけた映画監督。少年時代を胡同で過ごした体験は後の彼の作品作りに影響を及ぼしている。

中山大学中文科、中央戯劇学院監督科で学び、舞台やMTVの演出を手がけた後、オムニバス映画『スパイシー・ラブスープ』でデビュー。第6世代の監督のひとりとして一躍注目を浴びる。

第2作・胡同を舞台に父子の心の触れ合いを描いた『こころの湯』が日本や欧州でヒット、同作と『胡同(フートン)のひまわり』でサン・セバスティアン国際映画祭の最優秀監督賞を2度受賞。

監督作品[編集]

出演作品[編集]

  • 恋する地下鉄 (※第5回彩の国さいたま中国映画祭上映題、原題:開往春天的地鉄 2002年)

外部リンク[編集]