張仲素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

張 仲素(ちょう ちゅうそ、769年? - 819年)は、中国の詩人。は絵之(かいし)。徐州符離県の出身。本貫河間郡鄚県

略歴[編集]

貞元14年(798年)の進士

朝廷に手づるが無く、しばらく官職を与えられなかったので、武寧軍従事となっていたが、貞元20年(804年)に司勲員外郎となり、翰林学士・中書舎人を歴任した。

詩人としての彼[編集]

代表的作品に、『漢苑行(かんえんこう)』(七言絶句)、『秋閨思(しゅうけいし)』(七言絶句)がある。

漢苑行
回雁高飛太液池 回雁(かいがん)高く飛ぶ 太液池(たいえきち)
新花低発上林枝 新花(しんか)低く発(ひら)く 上林(じょうりん)の枝
年光到処皆堪賞 年光(ねんこう)到る処皆賞するに堪えたり
春色人間総未知 春色(しゅんしょく) 人間(じんかん) 総(す)べて未だ知らず


秋閨思
碧窓斜日靄深暉 碧窓(へきそう)の斜日(しゃじつ) 深暉(しんき)靄(あい)たり
愁聴寒螿涙湿衣 愁えて寒螿(かんしょう)を聴き 涙 衣を湿(うるお)す
夢裏分明見関塞 夢裏(むり) 分明に関塞(かんさい)を見たり
不知何路向金微 知らず 何(いず)れの路(みち)か金微(きんび)に向かう

出典[編集]