張静江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
張人傑から転送)
移動先: 案内検索
張静江
Zhang Jingjiang3.jpg
Who's Who in China 4th ed. (1931)
プロフィール
出生: 1877年9月19日光緒3年8月13日)
死去: 1950年9月3日
Flag of the United States.svg アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク
出身地: 清の旗 浙江省湖州府烏程県南潯鎮(現在の湖州市南潯区南潯鎮
職業: 政治家・実業家
各種表記
繁体字 張靜江
簡体字 张静江
拼音 Zhāng Jìngjiāng
和名表記: ちょう せいこう
発音転記: ジャン ジンジャン
ラテン字 Chang Ching-chiang
Chang Ching-kiang
テンプレートを表示

張 静江(ちょう せいこう)は中華民国の政治家、実業家。名は人傑だが、一般にである静江で知られる。中国同盟会以来の革命派人士で、後に中国国民党国民政府の政治家となった。また、浙江財閥の指導者の1人としても知られる。譜名は増澄

事跡[編集]

革命派への財政支援[編集]

浙江省湖州南潯の富裕な資産家の家庭に生まれる。1902年光緒28年)、駐仏公使孫宝琦に随従してパリに赴任し、公使館商務随員に任命された。翌年に帰国して資金を収集し、フランスへ再び戻り通運会社を設立した。事業は成功し、ロンドンやニューヨークでも支店を設立している。

また、海外に在る間に様々な新思想に接し、次第に反清、無政府主義への傾倒を強めた。後に、呉敬恒(呉稚暉)・李石曽と共にパリで世界社を設立している。『新世紀周報』、『世界』(美術画報)、『新世紀叢書』などを出版して、無政府主義の宣伝を行っている。

光緒32年(1906年)、張静江は旅行中に偶然孫文(孫中山)と出会って意気投合する。以後、孫文の革命活動について資金面での援護に努めた。張からの送金は、中国同盟会にとって貴重な資金源となった。張自身も同年に帰国する途中のシンガポールで同盟会に加入している。

辛亥革命の際にも、張静江は、革命派のための資金的支援・兵器調達等で活躍した。孫文が臨時大総統となると、張は財政部総長に招請されたが、これを固辞している。1913年民国2年)の二次革命(第二革命)では、陳其美らの蜂起を支援した。しかし敗北に終わり、日本へ亡命した。亡命後も孫文を支援し、中華革命党が組織されると財政部長となった。

その後も、孫文らの革命活動を財政面で支援し続けている。中国国民党の成立と共に中央執行委員に選出され、後には中央監察委員にも選ばれた。これらの業績により、国民党の人士からは「革命聖人」との名声を獲得し、孫文からも大いに感謝されている。ただ、張自身としては、孫文の三大政策には反対であった。

蒋介石への接近と対立[編集]

張静江別影

1925年(民国14年)3月の孫文死後は、張静江は、かねてから親交のあった蒋介石に接近し、清党活動(共産党排除活動)に尽力した。南京に国民政府が成立した後の1927年(民国16年)7月、全国建設委員会委員長に就任し、さらに初代浙江省政府主席を兼任した。同年10月、省政府主席の地位は、いったん何応欽に譲ったが(省政府委員としては留任)、1928年(民国17年)11月に主席に再任された。

張静江は、鉄道建設や公道整備、さらには電力事業など、孫文がかつて唱えた「実業計画」の実現に尽力し、一定の成果をあげた。ただ、その一方で、これらの事業を展開する資金を調達するために、省社会への課税は、項目が多く幅広いものとなってしまい、負担は大きなものであった。

さらに張静江は、蒋介石の先輩格にあたることを自負していた。そのため、次第に国民政府中央の法令に従わなくなり、独断専行の省政に邁進してしまう。これは蒋との対立を惹起することになった。ついに民国19年(1930年)12月4日、国民政府中央の命令により浙江省政府は改組され、張は主席から事実上罷免されてしまった。

一方、全国建設委員会委員長としても、委員会の実業部門の権限は次第に剥奪されていく。1931年(民国20年)11月に宋子文を委員長とする全国経済委員会が成立すると、全国建設委員会はますます有名無実となった。そして、1938年(民国27年)には、全国建設委員会自体が蒋介石の命令により廃止されてしまう。失意のうちに張はニューヨークへと移住し、事実上引退してしまった。

1950年(民国39年)9月3日、ニューヨークにて病没。享年74(満72歳)。

参考文献[編集]

 中華民国の旗 中華民国国民政府
先代:
(創設)
南京国民政府常務委員
1927年4月 - 9月
(集団指導制:胡漢民古応芬
伍朝枢
次代:
集団指導制:汪兆銘ら5名
先代:
(創設)
浙江省政府主席
1927年7月 - 10月
次代:
何応欽
先代:
集団指導制:汪兆銘ら9名
南京国民政府常務委員
1928年2月 - 10月
(集団指導制:譚延闓、蔡元培
李烈鈞于右任
次代:
譚延闓(行政院長)
先代:
何応欽
浙江省政府主席
1928年11月 - 1930年12月
次代:
張難先